登別温泉で温泉満喫

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

日帰り温泉を含めて登別温泉の各ホテルにお邪魔しているので、行ったところを中心にちょっとまとめてみました。

可能な限り泉質を書きましたので、ウポポイや熊牧場など白老~登別で観光する際の宿を決める参考になればと。

ウポポイから登別温泉は車で40分ほど、公共交通機関で60分ほどです。

ウポポイ⇔登別温泉の直通路線もありますが、コロナウィルスの影響で運航開始のめどが立っていません。

日帰り入浴できる施設

  1. さぎり湯
  2. 登別万世閣
  3. 花鐘亭はなや
  4. 登別石水亭
  5. ホテルゆもと登別
  6. 第一滝本館
  7. 登別グランドホテル

宿泊して温泉を楽しむ施設

  1. ホテルまほろば
  2. 名湯の宿パークホテル雅亭
  3. 瀧本イン
  4. 登別温泉郷滝乃家
  5. 御やど清水屋
  6. 玉乃湯
  7. 望楼NOGUCHI登別
  8. 旅亭 花ゆら

日帰り入浴可能な温泉

夢元さぎり湯

登別温泉唯一の日帰り入浴専用施設。登別温泉唯一のミョウバン泉がある。お湯の温度はそこまで熱くは無いんだけど、地下にあるせいかお風呂場自体が熱い。

泉質1ミョウバン泉(含硫黄・鉄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉)
泉質2硫黄泉(含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉)
日帰り入浴料金入浴のみ450円。
休憩所付一日券で650円。
日帰り入浴営業時間7~20時半

登別万世閣

登別にある万世閣グループのホテル。朝風呂は7時~9時で700円。

泉質硫黄泉(含硫黄-アルミニウム-硫酸塩-塩化物温泉)
日帰り入浴料金1100円
日帰り入浴営業時間13時半~20時(最終受付18時)
2名1室朝夕付予算(1名分)9000円~

参考リンク:https://www.noboribetsu-manseikaku.jp/

花鐘亭はなや

登別温泉街入口付近にある小さなお宿。入浴後のフリードリンクは日帰り入浴でも飲むことができます。日帰りでもタオルセットが要らないのも魅力。

泉質硫黄泉(たぶん含硫黄-アルミニウム-硫酸塩-塩化物温泉だと)
日帰り入浴料金1000円(タオルセット付)
日帰り入浴営業時間11時~19時(最終受付18時)
2名1室朝夕付予算(1名分)18000円~

参考リンク:http://www.kashoutei-hanaya.co.jp/

登別石水亭

2か所ある大浴場は両方利用できます。宿泊すると別料金にはなりますが貸切風呂や貸切岩盤浴もあります。

泉質硫黄泉(含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉)
日帰り入浴料金900円
日帰り入浴営業時間11時~19時(最終受付18時)
2名1室朝夕付予算(1名分)10000円~

参考リンク:https://www.sekisuitei.com/

ゆもと登別

3つの泉質とブレンドされた温泉が楽しめる大型ホテル。宿泊すると低価格の割には部屋食なので人気があります。全棟貸切で利用できないことも。

泉質1硫黄泉(含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉)
泉質2食塩泉(詳細不明)
泉質3酸性鉄泉(詳細不明)
泉質4混合泉(酸性鉄泉+食塩泉)
日帰り入浴料金1200円
日帰り入浴営業時間13時~20時(最終受付19時)
2名1室朝夕付予算(1名分)12000円~

予約・プラン詳細はこちら↓Reluxの予約ページです。

https://rlx.jp/24071/

参考リンク:http://yumoto-noboribetu.com/

第一滝本館

登別温泉を温泉街に作り上げた巨大ホテル。日本に10ある泉質のうち、このホテルだけで5つに浸かることができます。

泉質1硫黄泉(含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉)
泉質2芒硝泉(含鉄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉)
泉質3酸性緑ばん泉(含硫黄-単純温泉)
泉質4食塩泉(ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉)
泉質5重曹泉(ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩温泉)
日帰り入浴料金9時~16時は2250円
16時~18時は1480円
日帰り入浴営業時間9~18時
2名1室朝夕付予算(1名分)11000円~

参考リンク:https://takimotokan.co.jp/

登別グランドホテル

料理が美味しい温泉ホテル。料理と温泉と料金のバランスが取れているので、ここを常宿にしている観光客も多いのでは?

複数回泊まっているのですが、ブログ作る前なので写真を一切撮ってません。

泉質1食塩泉(詳細不明)
泉質2硫黄泉(詳細不明)
泉質3鉄泉(詳細不明)
日帰り入浴料金1500円
日帰り入浴営業時間12時半~16時(最終受付15時半)月・木は14時半~になります。
2名1室朝夕付予算(1名分)12000円~

予約・プラン詳細はこちら↓Reluxの予約ページです。

https://rlx.jp/23125/

参考リンク:https://www.nobogura.co.jp/

日帰り入浴は受け付けていない温泉

ホテルまほろば

ビュッフェの味に定評のある宿。カニと海老で甲殻類三昧できます。温泉も広くて4種の泉質を味わうこともできる。

泉質1硫黄泉(含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉)
泉質2食塩泉(ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉)
泉質3硫黄泉(含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉)
泉質4酸性鉄泉(含鉄-ナトリウム-塩化物温泉)
特記事項時間により男女浴場入れ替え制
2名1室朝夕付予算(1名分)13000円~

予約・プラン詳細はこちら↓Reluxの予約ページです。

https://rlx.jp/21613/

参考リンク:http://www.h-mahoroba.jp/

名湯の宿パークホテル雅亭

上にあるまほろばと同じトーホウリゾート系のホテル。まほろばほどではないものの、かなり広いお風呂があります。

泉質1硫黄泉(含硫黄-ナトリウム-硫酸塩泉)
泉質2パーク泉(含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉)
泉質3硫黄泉(含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉)
泉質4硫黄泉(詳細不明)
泉質5子宝泉(混合温泉)
2名1室朝夕付予算(1名分)

参考リンク:http://www.miyabitei.jp/

瀧本イン

上にある第一滝本館のビジネスホテルバージョンで宿泊料金が安い。ホテル自体にも大浴場があるが、第一滝本館の温泉を無料で利用できるのが魅力。

泉質1硫黄塩泉(詳細不明)
特記事項第一滝本館の温泉に入り放題。
2名1室朝1食付予算(1名分)8000円~

参考リンク:https://www.takimotoinn.co.jp/

登別温泉郷 滝乃家

全30室しかない、ゆったりと過ごすことが目的の高級宿。料亭の流れを汲んだ懐石料理が供されます。

泉質1硫黄泉(詳細不明)
泉質2鉄泉(詳細不明)
泉質3ラジウム泉(詳細不明)
泉質4食塩泉(詳細不明)
特記事項サイトがflashなので見られない方が多いかと。。。
2名1室朝夕付予算(1名分)30000円~

参考リンク:http://www.takinoya.co.jp/

御やど清水屋

割烹料理店として創業した宿のためか食事付きプランは全プラン部屋食です。大浴場は2つで時間により男女入れ替え制。ちなみに「きよみずや」です。

泉質1単純硫黄泉(詳細不明)
特記事項時間により男女の浴場入れ替え制
2名1室朝夕付予算(1名分)15000円~

参考リンク:http://kiyomizuya.co.jp/

玉乃湯

滝乃家の別館です。お風呂はこじんまりとしているものの、宿泊総数が少ないので大混雑まではいきません。毎朝餅つきがあるのが最大のポイントかも。

泉質1硫黄泉(詳細不明)
特記事項家族風呂あり
2名1室朝夕付予算(1名分)14000円~

参考リンク:https://www.tamanoyu.biz/

望楼NOGUCHI登別

登別温泉の中でも高級な宿。全室スイートで展望風呂付です。全室に温泉が引かれている上に大浴場も付いている。

泉質1硫黄泉(含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉)
特記事項岩盤浴もあり
2名1室朝夕付予算(1名分)37000円~

予約・プラン詳細はこちら↓Reluxの予約ページです。

https://rlx.jp/25338/

参考リンク:https://www.bourou.com/

旅亭 花ゆら

トーホウリゾートのホテル。全37室のうち27室が眺望or露天風呂が付いている贅沢仕様。大浴場もあり。

泉質1硫黄泉(詳細不明)
泉質2単純硫黄泉(詳細不明)
泉質3子宝泉(混合温泉・詳細不明)
特記事項部屋風呂付は1人5000円up
2名1室朝夕付予算(1名分)25000円~

予約・プラン詳細はこちら↓Reluxの予約ページです。

https://rlx.jp/22735/

参考リンク:http://www.hanayura.com/

コロナ下の温泉街。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です