苫小牧スケートまつり

苫小牧市といえば、スケート!らしいです。そのスケートを冠する「苫小牧スケートまつり」に行ってきました。

駐車場:あるにはあるが、無いと思ったほうが無難(市役所の駐車場を臨時開放しているけど、運が良ければ停めれる程度に考えた方がいいです)

トイレ:あり(会場内に仮設トイレ、会場横白鳥アリーナのトイレも使用可)

売店:あり(屋台が色々出てる。屋台で食べるより、しばれ焼きがおすすめ)

2019年は2月2日,3日の開催。

しばれ焼きは土曜日が10:00~18:00(LO)で日曜日が10:00~17:00(LO)

スケートまつりと言うからにはスケートがメインです。お祭り会場の横にある白鳥王子アイスアリーナでは子供たちの試合が行われています。

苫小牧市民になって数年。まだ脳みそが市民になりきっておらず「フィギュアとかスピードの試合なんてやってたっけ?」ととぼけた事を考えておりましたが、苫小牧市でスケートといえば「アイスホッケー」が一番有名です。・・・競技名にスケートって入ってないから思いつかん。まぁ試合を見ることもしないから良いんですけど。

このお祭り、ステージイベントがあったり子供向け滑り台や、市民雪像なんかもあるのですが、イマイチ観光客向けではありません。唯一旅人にお勧めできるのが、しばれ焼き。

ドラム缶の上に鉄板が置かれた調理台で、肉と野菜を焼きます。肉と野菜は持ち込み不可になっていて、現地で1パック500円(羊とモヤシ)で購入。空いた焼き場を探して自分で焼くスタイルです。

ちなみに、しばれ焼きのブースは下の写真のように混雑しているので、半分だけ使わせてもらう等の相席のお願いをしないと、いつまで経っても食べることができません。まぁお昼時だというのもありますが。下の画像は13時頃。

美味しいお肉を野外で食べるのは最高やね。ってことで、冬の北海道に来た時にはおすすめのイベント(食事処として)です。

参考リンク:http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kankojoho/event/skatematsuri/53kai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です