センチュリーマリーナ函館

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

函館のベイエリアにある人気ホテル、センチュリーマリーナ函館に泊まってきました。

外観

目次

  1. 各種情報
  2. 部屋
  3. 食事
  4. 温泉
  5. 総括

3点でまとめると

  • ベイエリア地区にある温泉大浴場付ホテル
  • 2019年オープンでまだまだ新しい
  • 朝食会場ではスパークリングワインが飲み放題

各種情報

駐車場:あり(チェックイン当日の朝10時からチェックアウト当日の14時まで使えて1泊1000円。駅前、朝市、ベイエリア散策にとても便利)

トイレ:あり

売店:あり

特記事項1:ダブルなら安い日の二名一泊朝食付きで一名8700円くらいです。

特記事項2:人気の温泉大浴場付ホテルなので、15時からのチェックインが一番混み合います。

ネット環境:有線LANあり。Wi-Fiあり。Wi-Fiは満室でも快適に使えました。

ホテル設備:コインランドリー、製氷機(無料)、自動販売機、電子レンジ

訪問日:2020年10月

二階からロビーを見る
ウエルカムドリンク

ウエルカムドリンクはオレンジジュース、柑橘系のデトックスウォーター、ウーロン茶、ホットコーヒー、そしてハロウィン仕様なのかカボチャのポタージュスープも用意されていました。

ポタージュスープはホテルの味がします。

部屋

壁掛けのテレビ

今回の部屋はプレミアムツインのお部屋。セール対象のお部屋になっていて通常ルームとほぼ変わらないお値段でしたので。

最近良い部屋には必ずあるコーヒーマシン

コーヒーマシンのドリップポッドは4杯分。緑茶・紅茶のティーバッグも用意されています。

冷蔵庫

冷蔵庫はペルチェ素子式なので冷凍出来ないタイプ。お土産物などはフロントで預かってもらいましょう。

ホテルからサービスのミネラルウォーターは「ゆきのみず」が増えましたね。

逆光気味だけど部屋

部屋の奥には大きな窓。その手前にデスク。カウンター席のようになっていて街側の夜景を見ながらここで部屋飲みすることができます。

左の皿はしょうゆダレ、右の皿は味噌だれ。

デスクは奥の壁の端から端まであるので、かなり広い。鏡台もあるしUSB充電、コンセント、有線LANも装備。仕事でも遊びでもとても使い勝手が良いシステムです。

ちなみにベッドサイドの両側にも通常のコンセントとUSB充電コンセントがあるので電源には困らないかと。

洗面&シャワールーム

洗面台はシンプル。アメニティは全て引き出しに収納されています。シャワールームは湯舟がありませんが、大浴場付ホテルなので問題はないかと思います。

アメニティ一式

アメニティは通常あるようなものは一通り揃っています。

食事

朝食は二階にあるユーヨーテラスで頂きます。時間は6時半から11時まで。

コロナウィルスの影響で密を避けるためにチェックイン時に朝食の入場時間帯を指定する形をとっています。

また朝食の時間も60分を目安にお願いしますとのこと。

取ってきたもの

ユーヨーテラスと言えば、朝っぱらからスパークリングワインが飲めることでも有名です。

イクラもマグロも生ハムもチーズもある。飲めと言わんばかりのラインナップ(^^;

お刺身コーナー

マグロです。高級店で出しているような赤身のマグロでした。その奥にあるのが「イカ」と「甘エビ」もあり、手前の小鉢はイクラ。もちろん全て食べ放題。

ドリンク

こいつが飲み放題のスパークリングワイン。朝から贅沢気分を味わえます。もちろん美鈴コーヒー、紅茶、緑茶、オレンジジュース、函館牛乳なども用意されています。

変わったところではスムージーやホットミルクもありました。ホットミルクがある朝食は他で見た記憶がないなぁ。。。

和食コーナー

大根のたいたん。これも朝食バイキングで見た記憶がない。いや、絶対に美味しいとは思うのですが、手を出せなかった。。。

他に食べたいものが多すぎて手が回りません。

パンコーナー

パンもやたら種類があります。メロンパンや焼きドーナツが珍しいですね。隣では焼き立てパンケーキも。

ユーヨーテラスのパンケーキはその辺のパンケーキ屋さん並の味なので、絶対的におすすめです。

撮影はしていませんが、ビーフストロガノフ、出来立て豆腐、生ハム、厚切りベーコン、卓上に用意される本日の小鍋、焼売、ちまき、串揚げ、うにが入った焼きおにぎりなどなど。

どれもこれも美味しくて何を切るか迷いました(^^;

温泉

例のごとく温泉の写真はなしです。

温泉フロア

温泉大浴場は14階と15階。

泉質はナトリウム-塩化物強塩泉。函館駅前付近ではおなじみの泉質ですね。

14階は洗い場と内湯、サウナ(女性用はアロマミストサウナ)、源泉露天風呂があります。そして15階へと続く階段があります。

洗い場は衝立のあるタイプが15くらい。親子用もあり。もちろんシャンプー・コンディショナー・ボディーソープは備え付けられています。

女性用はほぼシャンプーバーになっています。万世閣グループのようにシャンプーを選ぶのではなく、洗い場ごとに違うシャンプーが設置されているので、席を選んで使いましょう。

15階はインフィニティ スパステラデッキと案内がある露天風呂。山側の景色を見ながらのんびり入る寝湯が素晴らしい。

なお、女性用のパウダールームにあるドライヤーはダイソンだったそうです。男はイオニティだったけど・・・せめてナノイーにしてほしかった(^^;

ステララウンジ

こちらは14階にある湯上りラウンジ。お好きな飲み物を注文してくつろぐこともできますし、注文しなくてものんびり過ごすことができます。

見る限り、何か注文している人しかいませんでしたが(^^;

総括

2019年オープンで、他のホテルで便利だなと思ったものを一通り取り入れたうえで美味しい朝ごはんが味わえる素晴らしいホテルでした。

ピローズバー

枕を選ぶこともできます。・・・宿泊客数に比べると用意が少ないのか17時の時点でほとんど残っていませんが。

アロマバー

好きなアロマを選んで部屋に香りを持ち込むこともできたりします。

アロマストーン

これが本当にいい香りでぐっすり眠ることができました。

温泉と朝食。駅も朝市も近い。結構なお値段の宿ですが、人気なのは当然ですね。

また泊まりたいと思うホテルでした。

ちょっとした情報1:ラビスタに対抗しているのか、女性はダイソンのドライヤーにアロマが香るミストサウナ、シャンプーバーと優遇されている感じですね。

ちょっとした情報2:朝食は6時半からなのですが、混雑時には朝6時からという時間が設定されます。朝6時を指定すると館内で使える500円のチケットを頂けるので早起きの方はどうぞ。私はそれでお土産を買いました。

参考リンク:https://www.centurymarina.com/

Reluxの予約ページはこちら:https://rlx.jp/23919/

2 件のコメント

  1. ピンバック: ラビスタ函館ベイ 当面の間、朝食バイキングは小鉢での提供。 | 実走北海道2nd

  2. ピンバック: センチュリーマリーナ函館とラビスタ函館ベイ | | 実走北海道2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です