かま栄 工場直売店

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

小樽観光の中心地の一つ、堺町通にある工場直売店に行ってきました。

目次

3点でまとめると

  • 小樽で一番大きいかまぼこ店
  • 工場直売所限定商品もあり、たくさんの人が訪れる
  • 駐車場の場所が小樽観光に向いているので、土日は満車気味

各種情報

駐車場:あり

→かま栄利用で1時間無料になります。延長は30分200円と非常にお安いので観光シーズンは常に満車気味です。

トイレ:あり

売店:あり(イートインコーナーもあり)

特記事項:駐車場は堺町通をちょっと見るくらいならちょうど良いかも。

訪問日:2019年3月20日など、複数回

外観

外観

かま栄の工場を窓越しに見ることができる施設で、もちろんかまぼこ(以下、練り製品を揚げたもの)を買うこともできます。

観光地にあるし、美味しいし、休憩も取れるしということで土日は大混雑しています。

店内

あまりに混雑しているので店内写真はかまぼこ販売カウンター。

中には揚げかまぼこたくさん

ここに写っているのは6種類ですが、約20種類の揚げかまぼこがあるので色々買って食べてみましょう。

ホテルでお酒のおつまみにするのもおすすめです。

スタッフに一番人気は「豆腐いんげん」と書かれています。確かに美味しいです。

が、なかなか買えない地方に住んでいる人は1番人気「ひら天」と2番人気「パンロール」がおすすめです。

ただ、パンロールはその場で食べるとかなりお腹が膨れるので、ランチやディナーの事を頭に入れて購入しましょう。

ホットコーナー

この工場直売店の面白いところは通常のかまぼこの他にも、カフェメニュー専用のものが売られているところにあります。

ウィンナーが入ったかまぼこをさらにホットケーキの生地で包んでアメリカンドッグ風にした「和ドッグ」や、キャベツやショウガを入れたかまぼこにソースとマヨネーズをつけてパンズで挟んだ「お好みバーガー」など。

このホットコーナーの横にはイートインコーナーとお茶などのサービスもあるので小樽散策の休憩にも使えます。

その他

汚い写真で失礼。

上の写真の左が工場直売店限定メニューのパンドームで、右が直売店内カフェ限定のお好みバーガー。

パンドームはチーズとベーコンが入った洋風な感じのかまぼこで、温かいうちにたべるととても美味しいです。

お好みバーガーは上記のようにショウガや青のり、油にマヨソースが合わないわけがありません。

両方とも見た目よりはボリュームがあって腹にたまるので、他で食事を予定している人は覚悟して食べましょう。

こちらは新札幌で購入したもの

総括

工場直売所限定商品もありますし、札幌近郊にある各店舗では限定商品があったり、月替わり商品があったりと種類が豊富なかまぼこ店です。

観光客として訪れ、最初はパンロールを買ったとしても、他のかまぼこもかなり美味しいので色々と食べてみてほしいかまぼこ店です。

ちょっとした情報その1:カフェとか書いてありますが、やはりそこはかまぼこ屋さん。ドリンクメニューもありますが、あまり期待しないようにした方が良いです。なお、水とお茶は無料で頂けます。

ちょっとした情報その2:駐車場はかま栄で買い物するなら堺町通散策にもそのまま停めたままで良いかもしれません。買い物したら3時間で800円の計算なので他で停めなおすよりも安いかと思います。ルタオや北一硝子でお買い物予定の人は各提携駐車場に移動しましょう。

↓小樽の駐車場情報

↓小樽の地元グルメあんかけ焼きそばの名店も良いですよ。

参考リンク:https://www.kamaei.co.jp/store_introduce/chokubai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です