山中牧場

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

赤井川村と小樽市を結ぶ道にある山中牧場でソフトクリームを食べてきました。

目次

  • 赤井川村にある牧場直営ソフトクリーム店
  • 牛乳やソフトクリームだけでなく、バターや練乳も販売
  • 観光シーズンには行列のできる人気店

各種情報

駐車場:あり

トイレ:あり

売店:あり(イートインコーナーあり)

特記事項:4月中旬~10月中旬の営業はは8時半~18時無休。10月中旬~4月中旬は8時半~17時半で木曜日が定休日

訪問日:2019年3月19日など

こちらは楽天市場で売られているプレミアムバター。オーセントホテル小樽の朝食で使われているようです。・・・一度泊まっているのですが、記憶にない(^^;

外観・店内

ニセコ方面と小樽を結ぶ最短ルートで、山中を駆け抜けるドライブルートにもなっている上に味が良いので観光シーズンには行列になっている牛乳屋さん。

店舗外観
駐車場入り口のソフトクリームモニュメント

山の中にあるからてっきり夏季限定営業かとおもっていましたが、冬季も営業していたので寄ってみました。

久しぶりに訪れて思ったけど、こんなにオシャレな店舗じゃなかった気がするんですよねぇ。

店内

メニュー

それはともかく、ここで販売されているソフトクリームの種類は2種類で、バニラと自家製ブルーベリージャムをかけたフルーツソフトから選べます。フルーツソフトの方はカップ専用だそうで。

黒板左下にあるものが販売中のもの。2種類しかない。。。

写真を撮った時は冬季間だからか夕方に行ったからかメニューが絞られていて、ソフトクリームのみのメニューでした。

ソフトクリーム各種280円。

夏場に行くと

カップソフトにフルーツソース、カップソフトにキャラメルソース、コーヒーフロート、コーンのバニラソフト、コーンのチョコレートソフトなどがあり、券売機で「ソフトクリーム券」購入後にカウンターで選ぶ形になります。

券売機にあるメニューは

ソフトクリーム・・・280円

びん牛乳・・・130円

びん牛乳(900ml)・・・390円

牛乳パック(1000ml)・・・270円

バター・・・950円

発酵バター・・・1050円

練乳・・・800円。

ウィンナーパイ・・・310円などなど。

食べ物

ブルーベリージャムのソフトクリーム

今回食べたものはフルーツソフト。ベリージャムのものです。

食べてみると甘さよりミルク感が強いですね。甘さ・ミルク感ともにガツンとくる感じではなくて、優しく感じるソフトクリームです。ベリージャムがとても合います。

上のメニュー欄で書いたバターなどもカウンターでうけとることができます。

山中煉乳

2018年に販売を開始したコンデンスミルク。瓶入りの高級感あふれる仕様ですが、中身も負けずに高級感漂う味わい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【北海道赤井川村「山中牧場」】山中練乳
価格:972円(税込、送料別) (2020/5/17時点)

総括

牛乳は小樽周辺のホテルの朝食バイキングによく使われているので、もしかしたらどこかのホテルで飲んだことがあるかも?

この国道393号線を通るなら、寄ってみる価値はあると思います。

高級なバターやコンデンスミルクも販売しているので、ワンクラス上のお土産として良いかもしれませんね。

ちょっとした情報:バター・発酵バター・練乳の3種類は直売所価格になっていて、それぞれ150円ほど他で買うより安くなっています。お買い得。

参考リンク:http://yamanakabokujyou.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です