セラーズ天馬街道

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

北海道ローカルコンビニチェーンの生き残り、セラーズ天馬街道店に行ってきました。

目次

3点でまとめると

  • 北海道ローカルチェーンの生き残り
  • コンビニなのにお弁当やカフェメニューが充実
  • ワインや焼酎も充実

各種情報

駐車場:あり

トイレ:あり

売店:あり(イートインコーナーあり)

特記事項:営業時間7時~21時。年中無休。

訪問日:2020年6月16日など

外観

かなり年季の入った看板ですが、ちゃんと営業しています。

というか、営業時間中はよく車が停まっているので、こんな看板でも廃墟に見えることはないとおもいます(^^;

ガラス部分は綺麗にしているんですけどねぇ。

店内

店内に入ると一番目立つ場所には焼酎の甕。

麦焼酎と芋焼酎が量り売りで売られています。

店舗の一番奥にはワインセラーもあり、テーブルワインからドンペリニヨンまで様々なお酒を取り扱っています。

高級なお酒は生産した馬が勝ったら牧場主さんが飲むんでしょうかね。

某サイトによると北海道で酒を卸している北酒販の系列会社が運営するコンビニチェーンなので酒が多いのは当たり前かもしれませんが。

品揃え的には大手コンビニチェーンと同等+αといったところです。

野菜も販売されているので地元民の「コンビニエンス」を十分に満たしてくれているのでしょう。

イートインコーナーもあるのでちょっとした食事もできます。

充実のお弁当類。店内調理の美味しいお弁当が売られています。その辺のコンビニとは違って麺類もある。自分は未確認なのですが、冬場にはラーメンも売られているとか。

メニュー

せっかくなので飲食店よろしくメニューも記載。

ナポリタン・・・450円

ロースカツ弁当・・・630円

スープカレー・・・650円

豚丼・・・500円

チャーハン・・・370円など。

普通のお弁当屋さん並の品揃えがあります。

こちらは夏のカフェメニュー。下の写真以外にも期間限定メニューや冬のメニューなど色々とあります。

タピオカミルクティー・・・352円

ホットコーヒー・・・93円

アイスコーヒー・・・150円

カフェラテ・・・180円

青森りんごスムージー・・・352円などなど。

その他

ちょうどお昼時に通りかかったので、かつめしを頂きました。

メニュー的には「タレかつ丼」だった気もしますが。

ちょっと小さめでしたが、あまりお腹が空いていなかったので十分ですね。町内のお店で出されているのと同様に、野菜がゼロなのがきになりますが(^^;

こちらは別の碑に飲んだストロベリーラテ。浦河町は夏のイチゴの名産地に育ちつつあるので、そちらを使ったものを飲みました。

イチゴの酸味が美味しい飲み物でした。

総括

日高地方から十勝地方に行く道沿いにある貴重な休憩スポットなので興味のある人は寄ってみましょう。

天馬街道は約1時間ほど走りますし、十勝側は大樹町か広尾町の市街地に行かないとコンビニがありませんので、浦河町から天馬街道を走ると最後のコンビニみたいな感じになります。

お酒がかなり充実しているので、近隣のホテルに泊まる際の部屋飲みにもいいですよ。

参考リンク:なし

近くのセラーズはこちら↓

1 件のコメント

  1. ピンバック: セラーズ様似店(マルサン工藤商店) たこまんまのかまぼこを頂きます | 実走北海道2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です