海鮮料理と釜めし あらき

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd

今回は。。。

函館朝市にあるお店、海鮮料理と釜めし あらきさんで早めのランチを頂いてきました。

目次

  1. 各種情報
  2. 外観・店内
  3. メニュー
  4. 食べ物
  5. 総括

3点でまとめると

  • 2021年4月オープンの新しいお店
  • 釜めしや定食を頼むとドリンク、サラダ、惣菜のミニブッフェ付き
  • 味も接客も満点だと思います

各種情報

駐車場:なし

トイレ:あり

売店:なし

特記事項:定休日は水曜日。11時開店→14時半LO 17時開店→21時半LOです。(コロナ禍がおさまればかわるかもしれません。元々朝6時開店のお店だったので)

営業時間

所要時間:釜めしのランチで1時間~1時間半。

予算:ランチで2000円。

訪問日:2021年10月

外観・店内

朝市大通り沿いにあるので、比較的簡単に見つけることができるかと。

綺麗な外観

オープンして間もないので、外観も綺麗ですね。

テーブル席
カウンター席

写真は載せていませんが、小上がり席もあります。

充電用コンセント

充電もできるしWi-Fiも飛んでます。パスワードはレジ横にあるので見ておきましょう。

メニュー

昼は定食、夜は居酒屋という感じで運営しているようです。

もちろん、昼から飲むことも可能。

メニュー1

銀シャリ定食・・・1500円。

おかずは刺身盛り合わせ、イカ刺身、ほっけ焼き、サーモン焼き、豚生姜焼きの5種類から選べます。

そして、ちょっとしたおかず、サラダ、ソフトドリンクのミニブッフェ付き。

左側のアルコール類は写真を拡大して見てください。プレモル中が550円なのでご参考に。

メニュー2

カニや刺身も豊富に取り揃えています。

タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニは時価。

個人的にはカニの身が90%以上入ったカニクリームコロッケ780円が気になるかな。

メニュー3

函館からはちょっと離れるような、通常のお酒のアテもあります。

メニュー4

海鮮丼も豊富。

載せる具を選べる三色丼が2,400円、五色丼が2,800円。朝市だなぁという価格ですよね。

こちらのお店では海鮮丼よりも釜めしをチョイスしたいところです。

海鮮釜めし・・・2,000円

うに・いくら釜めし・・・2,700円

鮭・イクラ釜めし・・・1,500円

にしん釜めし・・・1,500円などなど。

なかにはジンギスカン釜めしなんていうのもあります。

ランチタイムまでのサービスで付いているミニブッフェは以下のような感じ。

ソフトドリンク

ソフトドリンクはウーロン茶、温かいお茶、オレンジジュース、ホットコーヒー、お水が用意されています。

サラダ類

訪問したときのメニューはキャベツ中心のサラダにリンゴ入りポテトサラダ、あとは豆、海藻類。

惣菜

この日はトマトとキムチの和え物、キャベツやナスの炒め物。食事が終わったころにひじきの煮物も追加されていました。

食べ物

今回は東急ステイ函館朝市灯の湯の朝食付きプランでの訪問だったので、選べるのは数種類です。

なお、朝食付きプランで訪問すると全メニューミニブッフェ付き。お味噌汁はおかわり無料です。

海鮮釜めし

海鮮釜めしには蒸しウニがしっかり入っていました。カニやホタテ、山菜にクリ。

イクラは別盛り。

釜めし自体の味もダシが効いていてとても美味しい。

函館で釜めしかぁと思わなくもなかったのですが、東急ステイ函館朝市灯の湯に朝食付きプランで泊った場合に選択肢の最上位に来るぐらい美味しいです。

出汁

最後はお茶漬けのように出汁をかけてズルズルっと頂きましょう。

銀シャリ定食・刺身盛り合わせ

函館に来てからラッキーピエロや麺類ばかりだったので、白いご飯が食べたくて頼みました。

こちらもミニブッフェ付き。

お刺身も当たり前のようにおいしいんだけど、いかの塩辛がとてもおいしい。

思わず買って帰りました。

プリン

銀シャリ定食の方は通常の値段が安いからか、食後にプリン付き。

写真を一緒に撮りたいから、ご飯と一緒に持ってきてもらいました。

このプリンもどこか懐かしい感じがする美味しいプリンで、おすすめ。

総括

東急ステイ函館朝市灯の湯の朝食付きプランで泊ったらここしか選びたくないくらいの勢いで美味しいです。

選択肢も豊富なのが良いですね。

お魚が苦手な方にも生姜焼きがありますし。釜めしも鳥やジンギスカンのものが用意されていますので。

ちょっとした情報:釜めしを炊くコンロに制限があるので混雑時間に行くと1時間程度待たされる場合があります。タイミングを見計らっていきましょう。

参考リンク:http://www.hakodate-asaichi.com/

ここで朝食をとれるホテル 東急ステイ函館朝市灯の湯:https://jissohokkaido.com/2021/05/05/5983/