マルトマ食堂

間違いなく苫小牧で一番有名なお店、マルトマ食堂に行ってきました。少し前の写真だけど。

駐車場:あり

トイレ:あり

売店:あり

特記事項:営業時間は5時~14時。日・祝休み。駅からは車かタクシーで行くのが無難。バスは14番か22番がぷらっとに停まるんだけど、2時間に1本くらいしかありません。駅からは徒歩2.5kmほどあって、比較的バスが多い出光カルチャーパークバス停から徒歩1kmくらい。

訪問日:2016年1月20日 など。

マルトマ食堂外観

元々漁師用の食堂だけあって、海のすぐそばにあります。開店時間も朝5時と市場飯らしい時間。

メニューは刺身や煮魚中心ですが、ここにくるお客さんの半分は北寄カレー目当てなので誰も見ていないかもしれない。

大衆食堂(ザ・めしや、めしの半田屋とか)のように出来上がったおかずが置いてあるのでそれを食べるのも良し。

ホッキ照り焼き丼・・・だったと思う。

メニューはちょくちょく変化します。食堂の人なりに飽きられないように色々な工夫をしていますよね。基本は苫小牧の名産である北寄貝を使っているので安定のおいしさ。

工夫は歓迎しますし良いことだと思うんだけど、客としては混み過ぎてカレーだけの店舗を横に出してほしいレベルなんですよねぇ。

北寄カレー

で、マルトマ食堂を全国区の食堂に押し上げたホッキカレー。ちょいと器が想定外でしたけど、漁港飯だとそこを気にしても仕方がない。

ごはんの上からドバっとカレーがかかっていて、ルーには北寄貝がたっぷり。貝の甘味がルーに出ていて、なかなか美味しいです。ルーに貝の出汁がほとんど出てしまっているので貝は食感のみかな。

1000円という価格はカレーとしては高いかなぁと思はなくもないけど、ホッキカレーは間違いなく美味しいのでおすすめです。

ちょっとした情報その1:ホッキ系のメニュー、海鮮系のメニューは1000円以上しますけど、それ以外は漁師向けなのかお値段抑え目です。かけうどん350円や焼き魚定食600円ほどなど。

ちょっとした情報その2:北寄貝を使ったメニューはひたすらあります。ラーメンやちゃんちゃん焼き、フライや塩焼きなど。プリンとアイスもあったりましますが、こちらはあまりお勧めしません。。。

参考リンク:http://marutoma-shokudo.com/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です