支笏湖氷濤まつり

2019年になってからも行きましたので、改訂。

駐車場:あり(土日の夜は花火があるので満車になりやすい。早めに着くのが吉。花火も見たいなら17時に着く計算で行くと良いでしょう)

トイレ:あり(公衆トイレとビジターセンター利用)

売店:あり(温泉街なのでそこそこ。会場内はうどんやホットコーヒーなど。土日だけかもしれませんけど、今年は会場内に千歳ハムの屋台が出ています。千歳ハムは美味しいよ)

千歳市を代表する冬のイベント。空港からの連絡バスもあるので行き帰りに寄り道する感じで行けるのが良い。

2019年は2019年1月25日(金) ~ 2月17日(日) ライトアップ時間は16時半~22時まで。期間中の土日祝は18時半から花火も上がります。会場は有料で今年は一人300円でコーヒー・ホットミルク・甘酒に使える100円割引券と再入場チケット兼用の絵葉書付き。

昼間は支笏湖ブルーと呼ばれる支笏湖の水で作られたモニュメントが白く青く輝いて綺麗で、夜はそのモニュメントが派手にライトアップされてます。

苔の洞門を模したモニュメントや大きな氷壁、今年は氷のシャンデリアも登場しました。(シャンデリアはもう少し見せ方に工夫が欲しかった)

以下、2019年の写真は2月3日18時半~20時頃撮影

入場料金を払う為に並ぶ場所にあるオブジェクト。

入り口セーブポイント(みたいなオブジェクト)は今年も健在でした。去年と色が違うのはシャッターを押すタイミングの違いです。色が変わる仕様ですので。

左上は入り口。ここから入って入場料を支払う。現在気温の温度計付き。

ここ数年毎年のように行っていますが、基本的に寒いです。千歳市内より冷える上に湖を渡ってくる冷たい風や雪が舞うこともあるので防寒はしっかりと。足元も全て氷or雪なので滑りやすいですし。

子供たち用にはスケートリンクや滑り台なんかもあるし、土日はステージイベントもそこそこあるので昼でも十分楽しめたりする。あと、数年前から期間中の土日夕方に臨時バスが設定されたので、支笏湖温泉に宿泊しなくても公共交通機関で行きやすくなりました。臨時バスは新千歳空港→千歳駅→会場。帰りは逆。帰りのバスは花火後に出発するのもありがたいです。

参考リンク:http://www.1000sai-chitose.or.jp/

以下の 写真は2018年2月10日18時半頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です