支笏湖ビジターセンター

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

支笏湖の環境を紹介する支笏湖ビジターセンターに行ってきました。

目次

  1. 各種情報
  2. 入り口
  3. 案内板等
  4. こんなところ
  5. 総括

3点でまとめると

  • 支笏湖畔にあるビジターセンター
  • 支笏湖の自然を紹介している他、大型公衆トイレとしても機能
  • 展望デッキから湖を望める

自然が豊富でいろんな鳥が飛んでいるので双眼鏡があると嬉しいかも。

各種情報

駐車場:なし

→支笏湖湖畔有料駐車場を利用

トイレ:あり

売店:あり(支笏湖土産的なもの)

特記事項:氷濤まつり期間を除く冬の間は湖畔の公衆トイレが利用できないので貴重なトイレだったりします。

所要時間:ビジターセンター、山線湖畔驛、支笏湖畔散策をまとめて1時間程度でしょうか。

訪問日:2019年3月27日 午前11時頃 など

入り口

外観

夏の写真もあった気がしますが、見つからないので冬の写真。入り口から入って左側にトイレがあって、右側が展示等のスペース。左側のトイレは氷濤まつりのときにはほぼ確実にお世話になります。

案内板等

支笏湖温泉全体の案内図。ビジターセンターは案内図の中央。駐車場から近い場所にあります。

こんなところ

入り口から右側に行くと展示等がある方へ行くと正面にクマさんのはく製があります。クマさん大きいですねぇ。

他にもヒメマスの展示やサンショウウオなどの生物も展示。クマさんの前がインフォメーションとなっています。

ヒメマスの水槽から奥に進むと展示スペース。

展示スペースは森のコーナーや湖のコーナーなどに分かれています。鳥の鳴き声を聞くコーナーもありますので、野鳥の声を聴き比べるだけでも楽しい時間が過ごせます。

ヒグマや雪ウサギのはく製と、窓から見える現実世界

湖の成り立ちや岩石、草花などの解説もあるので自然を学習するにはとても良いですよね。今、見ているのは何なのか。それを知ることで景色を後世に伝えることができると思うので、豊かな自然を観光にしている北海道にはこういう施設は欠かせませんね。

レクチャールームでは定時に支笏湖を紹介する環境省作成のムービーが15分流れますので、自然環境に興味がある人はそれを見ましょう。

2015年(16年かも)にディスプレイと映像がリニューアルされて4K映像になったので、その前に見ている人も楽しめます。

リニューアルされてることを知らなかったので、映像の綺麗さに驚きました。

ラウンジからの景色

展示スペースの奥にあるラウンジからは支笏湖が良く見えます。まぁ冬に来ると吹雪で視界ゼロになっていることも多いですけどね。

実際、吹雪だったので15分のムービー見て時間をつぶしていたのですが。ちなみに窓の外に鳥が飛んでいるように見えますが、これは窓に貼られているシールだったりします。

ラウンジの椅子もビジターセンターらしく丸太を加工したもの。ちゃんと木の名前まで書いてくれているのがいいですね。

飲料の自動販売機も設置されているので、ちょっとした休息にも使えます。

総括

支笏湖の駐車場は410円かかりますが、ゴミの処理や周辺整備を思うと納得できる金額。目に見えて綺麗になってきました。

ちょっとした情報1:ビジターセンターは現在改修工事に入っており、2020年10月には湖側に階段状のデッキが新設されます。

氷濤まつりに行くとかなりお世話になる場所でもあります。

参考リンク:http://shikotsukovc.sakura.ne.jp/index.html

1 件のコメント

  1. ピンバック: 山線湖畔驛 支笏湖畔にできた鉄道資料館 | 実走北海道2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です