京王プラザホテル札幌

2022/05/03更新

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd

今回は。。。

札幌駅近くにある京王プラザホテル札幌に泊まってきました。朝から美味しい料理とスパークリングワインで大満足です。

じゃらん宿泊予約サイト:京王プラザホテル札幌

楽天トラベルの宿泊予約サイト:京王プラザホテル札幌

目次

  1. 各種情報
  2. 部屋
  3. 食事
  4. 温泉
  5. 総括

3点でまとめると

  • 握り寿司がついた美味しい朝ごはん
  • ケーキ屋のケーキも美味しいので当然ビュッフェのケーキも美味しい
  • 真冬にホテル前に設置される氷像も人気

こんな人におすすめ

札幌駅周辺で宿泊したい人。美味しい朝食ビュッフェが食べたい人。

各種情報

駐車場:あり。1泊1500円。チェックアウト日の正午まで延長料金なしで利用可能。

売店:ちょっとしたショッピングモール

特記事項:2名1室1食付の安い日で1人12000円ほど。

設備:ビュッフェレストラン、炉端、和食店、鉄板焼き店、バー、有料マルチスペース、エステ、フィットネスジム(コロナにより宿泊者は利用不可)、(コインランドリー、電子レンジはありません)

ネット環境:無線LANあり・有線LANあり

標準チェックイン・チェックアウト:14時イン・11時アウト

訪問日:2022年6月など

冬の前庭

氷像が飾られます。最近はシマエナガ推しなので氷像もシマエナガ。

外観の写真を撮り忘れているようなので、忘れて無ければ次回札幌に出向いたときに追加します。

ロビー

右側がフロントで左側が総合案内だったかな。コンシェルジュだったかもしれない。

廊下

リニューアルした感じがしますね。とてもきれいです。

部屋

今回宿泊した部屋はスタンダードツイン。

部屋全体

窓際にベンチシート。縁側のようにゆったりとすごせます。

デスク周り

斜めにカットされたデスクは結構広さがあるのでシティホテルでありながら、パソコン作業等もやりやすくなっています。

LANは無線・有線の両方対応。

少し良い部屋にはUCCのドリップポッドも設置されていますが、この部屋にはありません。

代わりにドリップコーヒーがありました。

縁側?とテレビ

二人座っても真ん中に物が置けるので、おやつを食べる時などにちょうどいい大きさ。

京都や奈良の団子屋さんの軒先ベンチというか。

水回り

部屋はリニューアルされていますが、さすがに水回りは少し古い感じがしますね。

通常の水道の他に飲料水用の蛇口が設置されているあたりなんかは特に。

コロナ禍でシャンプー・コンディショナー・ボディーソープは個別包装のものになりました。タオル奥にある小さなボトルがそれです。

食事

22年10月から宿泊者は2,800円、外来3,200円になります。このホテルは予約時に朝食付きプランした方が圧倒的にお得ですね。

総料理長です。

ホテル全体的にシマエナガ推しなのは総料理長がシマエナガだからなんですね(違)

全体

都会お腹にあるガーデンを見ながら食べることができます。

スパークリングワイン

朝から飲めます。なんなら組み合わせのカクテルを作ることができます。

オレンジジュースとスパークリングワインを1:1で混ぜるミモザは材料が揃っています。

またキール・ロワイヤル用にカシスリキュールも用意されています。カシスリキュール1に対してスパークリングワインは4なので、看板通りにカシスリキュール少量にスパークリングワインといった感じで適当に入れましょう。

果物にパイナップルがあればサングリア風にするのも美味しいです。

握り寿司

ホッケやサメガレイの握りとか北海道内の回転寿司でもなかなか見かけないものまであります。道産野菜の握りもアスパラガスがあったりするのでおすすめ。

蕎麦

よくある麺類もここではひと味違う形で。北海道産そば粉を使ったにしんそば。

一つ一つ料理へのこだわりが違いますね。

カツゲン、牛乳、豆乳

道産の牛乳や豆乳と道内限定乳酸飲料のカツゲンも完備。

とってきたもの1

スープカレーもちゃんとありました。他の料理も色々取ってきたのですが、メモしてないので分からないような聞きなれない料理名(^^;

わざわざ取ってきているということは、シシャモの天ぷらは代用魚のカペリンではなく本物のシシャモだったかも。

白身魚のフライに見えるものはホッケフライです。道民は普通に食べるけど観光客向けのお店にはなかなか置いていないので食べてみるのもありかと。

オムレツ

黄身が白っぽい白い卵を使ったオムレツ。かかっているのはあっけし鬼昆布と玉ねぎソース。

スイーツ類

ホテルで作っているスイーツを使っているので、安い味はしません。

というか、ケーキショップで売られている商品そのものをカットされているだけのものも多いです。

月替わりスイーツ

夏だったからかカタラーナでした。パティシエが飾り付けてくれます。

ちなみにココの朝食ビュッフェはガンガン内容が変更されるので上に紹介したものは参考程度に。スパークリングワインはずっとあるようです。

7月中旬~8月中旬に泊ると道産メロンが出てくることがあります。

温泉

残念ながら温泉はおろか大浴場すらありませんので、家で使わないような入浴剤を持っていきましょう。我が家では残り湯を洗濯で使えないものはホテル用となっています(^^;

総括

札幌駅から徒歩五分の立地にもかかわらず大型の駐車場まで完備したシティホテルです。

お土産もシマエナガグッズを中心にかなり充実していますし、スタンプラリーを開催したりと泊まらなくても楽しめるホテルとなっています。

レストラン前にスイーツショップがあるのですが、そこにあるケーキが美味しくてかわいいのでおすすめです。

シマエナガのケーキ
チョコとベリーのムースだったかな。

京王プラザの名前に恥じない朝食ビュッフェなので宿泊の際は朝食を必ず付けるのもおすすめ。外来でも食べることができます(3200円)が、旅行会社のクーポン等が手に入ったら朝食ビュッフェ代で泊まれる時もありますので。

じゃらん宿泊予約サイト:京王プラザホテル札幌

楽天トラベルの宿泊予約サイト:京王プラザホテル札幌

参考リンク:https://www.keioplaza-sapporo.co.jp/

同じ京王系列のビジネスホテルもおすすめ:https://jissohokkaido.com/2019/10/30/1396/