壮瞥公園

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

梅林が見事な壮瞥公園へ行ってきました。

目次

  1. 各種情報
  2. 入り口
  3. 案内板等
  4. こんなところ
  5. 総括

3点でまとめると

  • 梅の時期以外も洞爺湖を眺める展望台としておすすめ
  • 春には斜面の梅と洞爺湖、羊蹄山のコラボレーションを見ることができる
  • 道が急坂で狭いので運転に自信のない方は注してください

各種情報

駐車場:あり

→駐車場というより、山のてっぺんの平らな部分に車を10台ほど停めるスペースがあると表現したほうがぴったりな感じです。車の運転に自信のない方は無理をしないように。

トイレ:簡易トイレあり

売店:なし

↑JIS基準で6時間後に77度をキープしている山屋用ステンレスボトルです。お湯を入れて駐車場でコーヒーを落とすと至福の時間になります。売店もありませんし。

特記事項:だいたい5月10日頃に見頃になるかと思われます。

訪問日:2019年5月8日17時頃など

入り口

左下が洞爺湖温泉方面です。

この場所に山側に入っていく道があるのでそこを登ると終点が壮瞥公園です。

分岐点には「そうべつ公園」「森と木の里センター」などの小さな看板があるのでそれを目印にしましょう。

案内板等

ジオパークの看板

頂上には洞爺湖有珠山ジオパークの看板があります。

それによると駐車場のある場所は「そうべつ公園洞爺湖展望台」という立派な名前が付いたようです。

こんなところ

下から1
下から2

洞爺湖湖畔道路から外れて山を登っていくと、二つ目のヘアピンカーブが少し広めになっていて車を停めることができます。

そこから斜面を見上げると、桜と緑と梅と空。

春を満喫できるコラボレーションを見ることができます。

このヘアピンカーブを過ぎてどんどん山を登っていくと、頂上が駐車場です。だいたい10台前後停めることができるでしょうか。

駐車場のあたりから

車を停めてすぐに見られるのがこういう景色。

斜面には梅が植えられていてピンク色に染まっています。

洞爺湖越しに羊蹄山

望遠レンズ使って羊蹄山。すでに夕方ですが綺麗に見ることができました。

ちょっとした遊歩道

駐車場からはちょっとした遊歩道が伸びています。

この遊歩道もウッドチップをひいてあるので足腰の弱い人でも負担になりにくいですね。・・・車椅子なんかだと無理がありますが。

東屋

遊歩道の先は東屋。この東屋のベンチからも洞爺湖、梅、羊蹄山が見えます。

たまたま誰も居なくなったので撮りましたが、だいたいは誰か座っているかんじですね。

総括

明らかに洞爺湖側のほうが景色が綺麗なので撮りませんでしたが、反対側にも梅は植えられていて、昭和新山を見ることができます。

景色自体がいい場所ですが、梅の時期以外はほとんど誰も来ないのでゆっくりすごすの良いかもしれませんね。

少し車で走りますが、崎守の一本桜はほぼ同時期に見頃になるのでおすすめです。

参考リンクは壮瞥町観光情報サイト:https://sobetsu-kanko.com/

1 件のコメント

  1. ピンバック: 伊達温泉の桜並木 北海道では珍しいソメイヨシノの桜並木 | 実走北海道2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です