宮越屋珈琲 MUTEKIROU

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

室蘭市の海沿いにある宮越屋珈琲MUTEKIROUに行ってきました。

元々は霧笛楼というカフェがあったそうですが、2015年に建物を受け継ぐ形で宮越屋珈琲が入りました。

この店舗は宮越屋珈琲のホームページに載っていない店で、経営は室蘭焼鳥で有名な一平が手掛けているようです。

目次

  1. 各種情報
  2. 外観・店内
  3. メニュー
  4. 食べ物
  5. 総括

3点でまとめると

  • 昼は海、夕方は日の入り、夜は夜景を望むカフェ
  • 珈琲は宮越屋珈琲のもので美味しいうえに、カップにもこだわっている
  • 家一軒ほどの金がかかっているであろうオーディオシステムは必聴

各種情報

駐車場:あり

トイレ:あり

売店:あり(コーヒー豆やクッキーなども販売)

特記事項:年末年始以外無休。営業時間は、4~9月11時~19時半LO、
10~3月は11時~18時半LO

訪問日:2020年3月

外観・店内

海沿いの崖の上にあるカフェ

3方面何もない場所にあります。あと1方向は駐車場。わりと広い駐車場なのですが、観光シーズンの土日は満車で止められないこともしばしば。

店内

閉店15分前の店内。新型コロナウイルスの影響でほとんどお客さんが居なかったのでゆったりと過ごしました。

カウンター席とテーブル席合わせて30席ほどあるかな。

カップ・ソーサーと海

カウンター席からはこのような景色。店員さんがコーヒーをぽとぽと落とすのを横目に海を眺めることができます。

蒸らし時間やドリップの速度調整の為でしょうか、砂時計もあります。

コーヒーを入れるカップ&ソーサーもNoritake等のきれいなものがたくさん置いてあり、こだわりが感じられますね。

半個室

半個室になった場所も1つ。景色は普通のテーブル席の方が良いと思います。

どん!と鎮座するスピーカー

店の奥に設置されているスピーカーは後ろに付いている看板によるとJBL66000というものだそうで。

これが本当に素晴らしかったです。ジャズが流れていたのですが、そこで本当に生歌・生演奏がされているかのごとく感じます。

この音を聞くだけでここに来る価値はあったと思えるほどです。

あとで詳しい友達に色々と聞いてみたら、スピーカーだけで1本300万円(税抜)だそうで・・・しかもそれが2台。

その高級スピーカーを活かせるプレイヤーやアンプなんかを含めると、音楽を聴かせるシステム全体で田舎なら1軒家が建つほどかかっているとのこと。

オーディオ沼に落ちたら深すぎるな。。。

ちなみに下の画像は楽天市場で売られている最高に値段が高いスピーカー。2つで140万円ほど。

ネットでも100万こえるスピーカーをポチっとすることができるとは。うん、やっぱりオーディオ沼は怖いわ。

ここに聞きに来るだけで満足しておきます(^^;

夜景

夜になると窓の外にはこのような景色が広がります。ライトアップされた白鳥大橋、そして工場の夜景が綺麗です。

室蘭を代表する絶景カフェと言っても過言ではありません。

メニュー

メニュー3ページまとめて

メニューはとてもシンプルです。デザート系5種に軽食系5種。それに各種ドリンクとそのセットメニュー。

量が多そうなメニューでも「ローストビーフサンド+ドリンク」や「野菜スープ+トースト+サラダ+ドリンク」なので、がっつりお腹にくるメニューはありません。

食べ物

チーズケーキセット
かぼちゃのタルトセット

ドリンクだけで620~700円。ケーキセットで980円。うん、ケーキセットの方がお得感があるねってことでケーキセットを頂きました。

チーズケーキもおいしかったのですが、どちらかというとかぼちゃのタルトがお勧めです。

海側の席

室蘭なので海の向こうには渡島半島が見えます。天気が良い日には駒ケ岳がすぐそこにあるように見えますよ。

総括

昼・夕・夜と素晴らしい景色が見られ、高級スピーカーからジャズが流れる落ち着いたカフェ。

ここに座ってゆっくりするだけでも価値のあるカフェです。

客層も大きな声で話す人もあまりいないので、高級ホテルのロビーのような本当にゆったりとした時間を満喫することができます。

個人的には日没一時間前あたりに行って、閉店までのんびり過ごすのがおすすめの過ごし方ですね。

ここのお店はガッツリ食べたい人には物足りなさを感じるかと。そんな人は同じ室蘭市内のこちらもおすすめ。↓

参考リンク:https://www.e-ippei.com/group/

1 件のコメント

  1. ピンバック: 室蘭市の一本桜 崎守の一本桜と幌萌の大山桜 | 実走北海道2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です