ホテルWBFグランデ旭川

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

まだまだふっこう割で観光です。今回は旭川の駅前にあるホテルWBFグランデ旭川に泊まってきました。

GO TO トラベル対象です。

以下は楽天トラベルのリンク↓

ホテルWBFグランデ旭川(旧:ホテルラッソグランデ旭川)

  1. 各種情報
  2. 部屋
  3. 食事
  4. 温泉
  5. 総括

3点でまとめると

  • 日帰り入浴もやっているので大浴場が広い
  • 朝食が美味しい
  • 500円出せば岩盤浴も入れる

各種情報

駐車場:あり

→有料で1泊1000円。平面駐車場でフロントに申し出ればチケットを渡してくれますので、それを使えば出し入れは自由です。

トイレ:あり

売店:あり(フロント前におみやげ物少々)

特記事項1:チェックイン時間は15時。チェックアウト時間は11時。

特記事項2:日帰り利用は1200円。10~23時。宿泊は安い日の2名1室で1名素泊まり5000円ほど。直前割や閑散期等の理由で朝食付きが5000円を切ることもある。 岩盤浴は別途500円必要。

特記事項3: 電子レンジ無し コインランドリーあり 自動販売機あり 大浴場あり(男女別・温泉・サウナあり)

訪問日:2019年3月1日(写真は2018年7月のものもあります)

外観

旭川駅から徒歩2分。旅人には素晴らしい立地。その上天然温泉まである。1階はロビーと岩盤浴(入り口は2階)となっていて、2階は「みなぴりかの湯」として日帰り温泉もやってる天然温泉。3階より上が客室フロア。

正面の入り口と駐車場からの裏口があり、温泉は裏口から入るみたいですね。裏口からは「みなぴりかの湯」の文字が輝いていました。

駐車場は前述通りホテルの裏側で、線路とホテルの間にある平地が駐車場。チェックイン後はフロントに申し出ると駐車券をくれるので、それを利用して車を出し入れする形になります。

ロビー

ロビーには小さなおみやげ物屋さんとウェルカムコーヒー(翌朝も飲めるけど帰りは何て言うんだろう。バイバイコーヒー?)、キッズコーナーがあります。

ウェルカムコーヒーはロビーにあるソファで飲んだり、部屋に持って帰るのもOKです。

部屋

部屋。翌朝に撮ったのでわりと散らかってる。。。

部屋は普通のビジネスホテルですね。ちょっと狭めかな。

カードキータイプで、エレベーターで客室の階層にあがるのにもカードキーを使用します。セキュリティ万全と思うかいちいち面倒くさいと思うかは本人次第。

シングルルームの写真ですが冷蔵庫は右上に冷凍スペースがあるタイプで、冷蔵部分にはペットボトルの水がサービスで入っています。

加湿空気清浄機もある。アメニティも歯ブラシ等通常あるものは網羅。飲み物はよくある緑茶のティーバッグの他に、珍しくドトールのインスタントコーヒーも置いてありました。

ユニットバス・トイレとベッド。いたって普通の部屋ですが、良かった点として内戸があること。廊下の冷気や物音が気になる方にはとても良いですね。

食事

基本的に食事は朝食のみ。プランによっては大雪地ビール館のチケット付きもあります。

かぼちゃのポタージュやインカのめざめコロッケなど

コロッケや焼き魚など、ビジネスホテルによくあるメンツですが、原材料が微妙に豪華になって道産食材を使用したりしています。

海鮮丼コーナー

写真を撮った日の海鮮丼は「ポケ丼」という名で提供されていましたが、宿泊人数によるのでしょうかね。海鮮丼の時もあります。

朝食。おかずをたくさん食べたいために、主食をお粥にしてカロリー節約したり。。。

ホテルによると約50種類あるそうで。

オムレツはその場で焼いてくれるタイプ。ベーコン入れたりチーズ入れたりも可能です。

最近のホテル朝食には欠かせないイクラなどの海鮮、カレー、豚ジンギスカンや美瑛牛乳、道産のソーセージ、北海道限定飲料カツゲンなどなど。

もちろんサラダやベーコン、味噌汁などお馴染みのメニューもあります。

朝食は卒なく美味しいです。サラダのドレッシングが聖護院かぶらやコーンなど、普段見かけないものが多かったのが他にはない特徴ですね。

朝食会場にあるコーヒーを部屋にお持ち帰る為の紙コップも用意されています。

温泉

日帰り入浴施設を兼ねています。

温泉は宿泊客無料です。

タオルも温泉の受付でもらえるので部屋からもっていかなくても良いのが地味に便利。

写真は例のごとく撮っていませんが、洗い場はたっぷり20強あるので繁忙期も洗い場渋滞はなさそうですね。

室内には温度が低めの人工炭酸泉、少し高め設定になっている(訪問日は41.7度だったかな)やせがまんの湯、部位ごとに分かれたジェットバス、サウナ、水風呂。

追加料金が500円必要ですが、岩盤浴も良かったです。二種類の岩盤浴に一気にクールダウンさせる冷房部屋などがあって疲労回復には効果的だった・・・気がします。

泉質は、じゃらん等によると冷鉱泉・・・ですかね。それって泉質名じゃないような。。。証明書を見てくるの忘れました。

外側の露天風呂(というか、浴槽のない場所から空が少し見える程度)として一人用の壺湯、これまた部位ごとに分かれた電気風呂、天然温泉の湯舟があります。

休憩場所

休憩所は少し狭めなのが難点。まぁ部屋に帰ればいいんですけど、日帰り入浴だと使いづらいかな。

マッサージチェア(有料)や自動販売機、エステ・マッサージ室もあります。

総括

仕事したり遊んだりしたりした疲れを温泉で癒すならこのホテルですね。朝食は目玉になるようなものは無かったように感じられますが、種類も豊富で味付けも濃いわけではないので食べやすいです。

朝食無しでも温浴施設を目当てに泊まっても良いんじゃないかと。素泊まりプランでも温泉に入れますし。

温泉は日帰り温泉が終わる22時以降が空いています。24時に閉まりますが、足りない人は翌朝6時から開くので入りましょう。

要予約ですが、針治療も行っているのは珍しい。

あと小さなお子さんがいるファミリーにはロビーのキッズルームや朝食会場の座敷(珍しいよねぇ)が人気なようでした。

wi-fiあり。回線は強め。動画も見ることができます。

ちょっとした情報1:夏場に泊まるとウェルカムドリンクにスムージー(氷の方)が用意されていることもあります。風呂上がりに最高です。

参考リンク:https://www.hotelwbf.com/grande-asahikawa/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です