ホテル京阪札幌

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

用事ついでに札幌駅の北側にあるホテル京阪札幌に泊まってきました。

素泊まりプランなので、食事の記事はありません。

目次

  1. 各種情報
  2. 部屋
  3. 食事
  4. 温泉
  5. 総括

3点でまとめると

  • すぐ裏が学園都市線・函館本線なのでトレインビューの部屋がある
  • 防音には配慮されているけど、鉄道の音は響く
  • 全体的に綺麗に維持管理されている

各種情報

駐車場:あり(1泊1200円先着20台と少なめ ハイルーフ車は4台のみ)

トイレ:あり

売店:なし(高架下のコンビニまで50mくらい)

特記事項1:最安値で「二名一室食事なし」という条件で1泊1名2900円ほど。シングルだと5000円ほどかな

特記事項2:女性には専用アメニティがフロントで渡されます。

訪問日:2019年11月

部屋

部屋全体

今回はセミダブルで予約していましたが、宿泊客が少ないということでダブルの部屋にアップグレードしてくれました。

部屋は狭め。ベッド巾はセミダブルだと140cmですが、ダブルの部屋にアップグレードされたこの部屋は150cmあるのでひろびろしていますね。

歯ブラシや髭剃り、お茶などはフロントで取ってくるタイプ。最近はこのタイプのビジネスホテルが増えましたね。使わない人が多いのでしょうか。

冷蔵庫

冷蔵庫は静穏性にすぐれたペルチェ素子タイプ。個人的には冷凍スペースがある方が嬉しいんですけどねぇ。

なお、各階のエレベーターホール近くに製氷機があるので、飲み物をすぐに冷やしたい方はそちらで。

水回り

水回りは必要十分な装備。まぁ普通のビジネスホテルですね。シャワーは大浴場があるので使いませんでした。

窓からの景色

トレインビューな部屋。窓に鉄線が入っているので写真には向かないかもしれませんが、ひっきりなしに電車がきます。

デスクに耳栓が置かれているくらいには鉄道の音が響くのが欠点。

食事

素泊まりプランなので食事のコメントは無し。

口コミによると美味しいらしいです。

温泉

大浴場はありますが、温泉ではありません。

大浴場入り口

大浴場は男女別タイプで、写真の左側に女湯があります。営業時間は深夜1時までと朝6時から。

衝立付きの洗い場が6つに湯舟が一つ。珍しく公式ホームページに洗い場の数が書いてあり、女湯は8つ洗い場があるそうで。客室数は200なので比較的余裕がありますね。

お湯は少し熱め。42℃くらいかなぁ。温泉では無いものの手足を伸ばして浸かると疲れが取れますね。

総括

札幌駅から高架下を通って外へ。屋根のない場所は50mくらいかな。ほとんど雨に濡れたり雪にあたることなくホテルにたどり着ける立地。

すすきのや大通公園からは少し離れているので観光には不便ですが、北海道大学に用事があったりビジネスで使う人には良いかもしれません。

大浴場には無料のコインランドリーあり。洗剤はないのでフロントで購入するか自分でもってくるかになります。また、最近の安いホテルでは見かけなくなったナイトランドリーサービスもあるのでスーツを汚してしまったなどの緊急事態には便利ですね。

余談ですが、ここのナイトウェアがとても着心地が良い。どこの会社で作ってるんだろうなぁ。

参考リンク:https://www.hotelkeihan.co.jp/sapporo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です