石水亭で日帰り温泉

じゃらん北海道3月号にたくさんクーポンがついていたので登別へ。

登別 石水亭

  1. 各種情報
  2. 部屋
  3. 食事
  4. 温泉
  5. 総括

各種情報

駐車場:あり(宿泊者と兼用)

トイレ:あり

売店:あり(ホテルの売店はかなり充実。試食含めて)

特記事項:日帰り利用は900円。11時~18時。退館19時。タオルはレンタル有料。貴重品ロッカーあり(タブレットは入らないのでフロントに預けること)宿泊は安い日の2名1室で1名12000円程度。

訪問日:2019年2月25日 10/21日帰り入浴の料金変更

石水亭正面

こちらが正面。16時以降は大型観光バスがひっきりなしに止まります。とはいえ宿泊客のお食事タイムは17時から始まるので、平日の夕方の温泉はかなり空いているようですね。

駐車場は登別温泉街からみると石水亭よりさらに奥の方。青鬼さんが入り口。川沿いに止めるのですが、利用客に比べると結構少なめですね。

ロビー

入り口から入るとこういうロビーがあり、右手側にフロントがあります。このロビーが日帰り温泉の休憩所にもなります。

部屋

泊まっていないので省略。

食事

食べて無いので省略。

温泉

フロントで日帰り温泉利用と申告してクーポンを切り取ってもらい、料金をお支払い。今回はクーポン利用で一人400円でしたが、通常は800円。

フロントで説明をされますが、まずは靴を館内用スリッパに履き替える必要があります。入り口にスリッパと靴箱が置かれているので、そこで履き替え。

温泉は本館の最上階と別館「銀杏館」の最上階の二か所。

本館の温泉入り口

両方ともエレベーターで最上階に行くとほぼ温泉しか無いフロアになります。本館の方はエレベーターホールに多少休憩できるベンチが置いてありますが、ごろ寝スペース等は無し。

本館の洗い場は全て衝立で仕切られているのがうれしいですね。数は20くらいかな。お風呂は展望内湯とサウナのみ。露天風呂などがないからか、あまり人がいないので景色を楽しみながらゆったりできるのが魅力。

銀杏館の最上階にある大浴場は100m走ができるんじゃね?と思うくらい長細いお風呂で、ほぼ外が見える状態なので気持ちが良い。内湯の他にサウナ、ぬるいジャグジー、露天風呂もあるので日帰り温泉の方は基本こちらですね。

洗い場は手前と奥の二か所に分かれていて、奥の洗い場には衝立があります。

泉質は両方ともに硫酸塩泉。正確に書くと「含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉」となり、含硫黄とある通りほのかに硫黄の香りが漂い、温泉に来たんだなぁという気分になります(と硫黄のにおいを嗅ぐと感じるのですが、どうですかね?)

総括

大浴場を両方とも味わいたい人は、本館と銀杏館の間には利便性の高い連絡通路が無いので一度ロビーまで出てからまた最上階に戻るという、結構面倒くさい状態なことに注意。

やってみましたけど、銀杏館の温泉から出る→エレベーターで降りる→ロビーにある本館エレベーターで上がる→温泉に入る。だいたい5~10分かかります。湯冷めしそう(^^;

ちょっとした情報その1:JAF会員は公式ページにはホテル宿泊料金の割引しか記載がない(JAFにもホテルにも)ものの、日帰り温泉も割引価格で利用できます。(消費税増税前は通常800円→割引500円でしたので、今は600円かもしれません)

参考リンク:https://www.sekisuitei.com/onsen/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です