ANIS Kitchen(アニスキッチン)

※このサイトのリンク先はブログ維持費(サーバーの維持費等)の捻出のためにアフィリエイトリンクを利用していることもあります。

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が実際に観光地やホテル・お店を訪れてレポートしたり旅行記・宿泊記を書いてる当ブログ「実走北海道2nd

今回は。。。

苫小牧市西部にあるアニスキッチンにて釜めしを頂いてきました。

このお店はランチのネット予約でもホットペッパーのポイントが使えるお店です。苫小牧市内ではとても貴重。

ホットペッパー予約サイト:アニスキッチン

このお店も口コミでは釜めしが人気ですがネット上には売られていないので、ふるさと納税の返礼品にもなっている恵庭にあるいちえさんのものを


目次

  1. 各種情報
  2. 外観・店内
  3. メニュー
  4. 食べ物
  5. 総括

3点でまとめると

  • 苫小牧の西部で美容室を運営している会社のカフェ
  • ランチは数量限定で釜めしを提供しているほか、定食メニューもある
  • 夜は飲み屋としても使えるほか、ご飯ものも提供

各種情報

駐車場:あり(狭い。休日は向かいの郵便局の駐車場を借りているようです)

トイレ:あり

売店:なし

特記事項:11時~14時 17時~21時 月・火は定休日

所要時間:ランチで30分~1時間。

予算:ランチで1,000円程度。

訪問日:2024年2月など。

外観・店内

外観はこんな感じで商店だったのかな?とは思いますが美容室がやっていると思えない、おしゃれさのかけらもない見た目をしています。

店舗前が駐車場ですが大きな車は入りにくいかも。

店内は新しいお店らしい内装。

カウンター席が5席くらいだったかな?営業で回っている方や近所のおじいちゃんはこちらで食べていました。

テーブル席は4つくらいかな?

テーブル席は混んでいたので写真を撮っていませんが、4人席と2人席がありました。

店内に飾られているものはこういう感じ。統一性があるようなないような。おしゃれなものを集めましたって感じかな。

店内に流れるジャズは落ち着いた雰囲気で良かったです。

メニュー

24年2月現在のメニュー

まずはランチメニュー

釜めし(海鮮/鶏肉)・・・1250円

日替わりランチ(A肉/B魚)・・・1100円

牛すじカレー・・・900円

ナポリタン・・・900円

元気が出るカツ丼・・・990円などなど。

食後のコーヒーがセットになったものは無いのでご注意を。

釜めしだけセットドリンクがありますが、選べるのはウーロン茶・オレンジ・リンゴのみ

お昼の時間にはデザートメニューも。

ディナー営業時のメニュー

日替わりオードブル・・・1650円

生ハムビーンズサラダ・・・800円

アヒージョ(シーフード/きのこ)・・・880円

揚げ出し豆腐・・・500円

ジューシーから揚げ680円

タコから揚げ・・・550円などのお酒のお供の他、

ナポリタン・・・880円

和牛すき焼き丼1200円もあります。

ドリンクは

コーヒー・・・400円~

紅茶・・・480円~

ソフトドリンク・・・380円~

生ビール・・・770円

ハイボール600円など

お酒が少し高め設定かな?とは言えお店自体がこの辺りに無いところを見るとお客さん自体が少ないと思われ、このくらいでないとペイできないのかも。

食べ物

今回食べたものは釜めし。

11時半以降に着いてもまだ限定各5食のものが残っていたので。

釜めしは炊飯等で25分かかりますと注意書きがありますが、40分ほど待ったかな。ランチタイムで忙しいと仕方ないですね。

ということで鳥釜めし。セットのドリンクはウーロン茶を頼みました。

小鉢が数種類付いているのが良いですね。スーパーの総菜コーナーで買ったみたいな副菜と口コミに書かれてましたが、味も内容もオリジナルですね。

スーパー巡りを趣味にしている管理人ですがこんなの売ってるのを見たことがありません。

釜めしの上に鶏の照り焼き、ゆで卵、スナップエンドウ、かぼちゃ、しいたけ。

税込1250円という値段にしては具もおかずも多いですね。

こちらは海鮮釜めし。鶏と同じように味噌汁と副菜4つが付いてきます。

具はベビー帆立、海老、タコ、つぶ、かぼちゃ、しいたけ。

なんとなく鶏より手はかかってないけど原価はかかってそう。

いづれも美味しかったのでリピートアリです。

再び行ったので元気が出るカツ丼990円。

閉じないタイプのカツ丼ですね。かつの衣がサクッとしていて美味しい。

卵とじの中には椎茸が一個分スライスされて入っています。

魚料理の日替わりランチB 1100円

この日のメニューはサーモンのクリーム煮。

ホワイトソースの中にニンジン、ブロッコリー、サーモン、ホタテなどが入っていて美味しい。

総括

ランタイムは近所の女性陣の憩いの場としても機能しているのかテーブル席で長居する方もそこそこいました。

カウンター席には営業としてこの辺を回っていたり近所のおじいちゃんだったりは食べたらすぐに出ていく感じなので一人でも入りやすいのが良いですね。

この辺りでは貴重なランチタイムに利用できるお店なので色々な人が来ているので仕事でもプライベートでも入りやすい。ランチタイムは席が空いてなくて帰る方も数組見かけましたので時間をずらすかホットペッパーなどから席だけでも予約するのが無難です。

ホットペッパー予約サイト:アニスキッチン

参考リンク(公式サイト):https://non-nolab.my.canva.site/anis-kitchen