DIYOスパイスダイニング苫小牧店

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd

今回は。。。

苫小牧市の住宅街にあるカレーのお店、DIYOスパイスダイニング苫小牧店でカレーを頂いてきました。

目次

  1. 各種情報
  2. 外観・店内
  3. メニュー
  4. 食べ物
  5. 総括

3点でまとめると

  • 苫小牧西部にあるネパールカレー店
  • セットを頼むとご飯とプレーンナンがおかわり自由
  • たまにLINEに割引情報が流れてくる

各種情報

駐車場:あり

トイレ:あり

売店:テイクアウト可能

特記事項:11時~20時半LOですが、平日は15時~17時に中休みが入ります。不定休。

所要時間:ランチで45分~1時間。

予算:ランチで1,200円程度。

訪問日:2022年3月など。

外観・店内

外観

苫小牧の道道781号線(地元民的にはバイパス)沿いにお店はありますが、緑地帯より住宅街側にあるので道路からは見えにくい場所にあります。

ナンorライス「食べ放題」の看板が目を引きますが、実際には目立たない。

タンドール

入口付近の風除室にはナンやチキンをを焼くタンドールが置かれています。

まじまじと見る機会はあまり無いので、興味がある方はどうぞ。

釜の一番下に炭火がありナンは釜の内側に貼り付けて、肉類は入り口からぶら下げて焼くそうな。タンドールで焼くからタンドリーチキンなのか。へー。

客席
客席2

店内はかなり広め。

テーブル席、小上がり席の他にカウンター席も数席用意されているので一人で気兼ねなく食事ができます。

カレー屋さんは比較的一人用の席を用意してある店が多いよね。食事時にテーブル席を一人で占領するのは気が引けるので使いやすいです。

メニュー

メニュー1

ベースの味を選らんで好きな具を選ぶようなメニュー表。全てに名前を付けてあるのでメニューが御異様に感じるけど、ベース4種類(玉ねぎ・トマト・ほうれん草・豆)×具材10種(チキン・ポーク・ソーセージ・海老・マッシュルームなど)+αといったところでしょうか。

最初はおすすめマークを見て注文するのが良いと思います。

メニュー2

人気だそうです。

今回は食べていないのでなんともいえませんが。

メニュー3

ラッシーも豊富に用意されています。

なお、写真右下にあるライン登録でのドリンクプレゼントはプレーンのラッシーになります。

食べ物

バターエビカレーとガーリックナンのセットを注文。

セット

ガーリックテイストのナンとアチャール、ティキンティカ、サラダ、カレーのセット。

通常のナンが無料でお替りできます。

ガーリックナン

ガーリックだけではなく、いろいろなスパイスが混じった味がしますね。

これだけで食べても満足できるあじです。

次はバターチキンカレーとチーズナンのセット。

セット

こちらもチーズが入ったナンとアチャール、チキンティカ、サラダ、カレーがセットされています。

上の写真はアチャールがありませんが、セットするのを忘れていたみたいです。あとでちゃんと頂きました。

チーズナン

このチーズナンがたっぷりチーズ。切れ目からチーズがあふれ出てきています。

ものすごい量ですね。

こちらのセットもプレーンナンがおかわり自由です。

食えるもんなら食ってみなというくらい、腹がいっぱいになりますが。

ラッシー

こちらはプレーンラッシー。ちゃんと普通においしいです。

総括

ちょっとした情報:割引dayは1時間近く並ぶこともあるので、開店直後か昼営業終了間際を狙うほうが良いかもしれません。

チーズナンは本当に腹にきます。大食いに自信がある人以外は出来ればシェアできる人を用意したほうがいいかもしれません。

とてもじゃないが、おかわりにまでいけませんでした。やる気満々だったんですけどねぇ(^^;

参考リンク:https://diyo.jp/tomakomai/

海鮮丼とカレーを同時に食べることができる「弐七」もおすすめ:https://jissohokkaido.com/2020/04/13/605/