鹿公園 鹿公園キャンプ場

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

安平町追分にあるキャンプ場も併設された大型公園、鹿公園に行ってきました。

2020年は新型コロナウイルスの影響でキャンプ場の開設は5月9日からとなっております。(2020/4/18現在)

目次

  1. 各種情報
  2. 入り口
  3. 案内板等
  4. こんなところ
  5. 総括

3点でまとめると

  • キャンプ場やアスレチックス、ドッグランまである野外施設
  • 夏は赤いひまわりが咲く公園として有名
  • ホタルや水芭蕉など自然観察もできる

各種情報

駐車場:あり

トイレ:あり

→第二キャンプ場・ドッグラン付近の駐車場にあるトイレは年中使えます。その他は冬季間使えない場所が多いです。

売店:なし

特記事項:通年入れますが、キャンプ場等施設の利用は例年ゴールデンウイークから10月末までです。

特記事項2:2020年より利用料金が値上げ。8人未満のテントで1000円、炊事場やトイレを利用した車中泊で1000円など。町民は半額。

訪問日:2020年4月17日など複数回

折りたたみローテーブル、便利ですね。何気に車中泊で車の中で使用するのにも使いやすいです。

入り口

撮っていません。探せば昔の写真がありそうな気もしますが。

案内板等

鹿公園全体の案内板

森や広場、池、せせらぎなどたくさんの自然からなる公園です。キャンプサイトやパークゴルフ場、アスレチックなどのアクティビティコーナーも充実しています。

こんなところ

第二駐車場から入った場所

上の写真の通路は案内板でいう所の第二テントサイトとアスレチックの間の通路。広々としてますねぇ。

アスレチックス

丸太ステップ

設置されているアスレチックスは10種類。

ターザンロープ

ところどころ塗装が剥げていますが、普通に使えます。

壁わたり

大人でも良い運動になりますね。

テントサイト

テントサイト

メインのテントサイト。

バーベキューコーナーや水場、大型トイレなんかがあります。フリーで張ることになりますが、平坦なので使いやすそうですね。

水場

そこそこの数があります。

バーベキューコーナー

二か所あります。8人用×4・・・でしょうか。

このキャンプ場のおかげで夏場の土日は結構賑やかな公園ですが、それ以外のシーズンはひっそりとしています。

その他

しかさん

鹿さん。鹿公園というくらいなので、もちろんエゾシカが居ます。こちらは通年観察可能です。近所のおじさんがキャベツの軸とかをあげてて、鹿が嬉しそうにしていました。

憩いのひろば

こちらの広場では夏になると赤いひまわりが咲いています。正確には「チトニア」という南米の花で、みんながイメージする向日葵とは大きさが違ってかなり控え目な花です。

写真が出てきたらアップします。撮りに行く方が早いかもしれませんが。

去年(2019年)の口コミには赤いひまわりが無くなったという書き込みがチラホラ。今年はどうなんでしょうか。

ドッグラン

第二駐車場横にはドッグランも整備されています。結構広いし真ん中にトンネルあるしで犬は喜びそうですね。

総括

7月下旬から8月上旬にかけてはホタルが飛んでいるようなので、そのころにまた訪れたいですね。

キャンプの方は今年から利用料金が倍になったのと、近くの公衆浴場とのセット料金がなくなったので注意が必要です。

また、新千歳空港離発着の飛行機(戦闘機を含む)は上空を通過していくので、そこそこ音がすることにも頭に入れておきましょう。

参考リンク:https://www.town.abira.lg.jp/midokoro/shisetsu/park/72

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です