ぱんの店ひだまり

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

函館の住宅街の中にあるパン屋さん「ぱんの店ひだまり」に行ってきました。

目次

  1. 各種情報
  2. 外観・店内
  3. メニュー
  4. 食べ物
  5. 総括

3点でまとめると

  • 住宅街にあるパン屋さん
  • 猫の顔の形のパンがある
  • まんべんなく普通に美味しいパン

各種情報

駐車場:あり

→店を囲うように5台分あるのですが通路状になっていて、最初に停めた車が出口に一番近いところ。そして後ろに並んで順番に停めるシステムです。長居しないとは思いますが、最初の車がでない限り後ろの車は出ることができません。

トイレ:なし

売店:あり

特記事項:定休日は日曜日。営業時間は9時~18時。口コミによると11時くらいにならないとパンの種類が揃っていないようですが。

訪問日:2020年1月

外観・店内

外観

自動販売機側が道路に面しています。この写真の右の方が駐車場。車一台分+αの通路が駐車場になっているので、スルー出来ないけどドライブスルーのような構造です。

住宅街にあるので観光客はナビ必須ですね。

メニュー

というか、店内のパンたち。

一番目立つところに食パン。この食パンはだしが入っているそうです。もちろん通常の食パンもあります。

他のパン

惣菜パンの他、ハード系のパンもあります。色々な種類がありますが特にハード系のパンは小さめのものが多いのでちょっと食べたいor食べるのが自分一人な方にはちょうどいいですね。

奥にちらっと写っていますが、サンドイッチやバーガーもあります。

にゃこぱん

で、猫の顔のかたちをした食パン「にゃこぱん」です。

食パンなのでキャンパス代わりにチョコペンなんかで顔を書いてから食べるのが良いかな?

食べ物

実食!

にゃこぱんラスク

にゃこぱんはラスクの方を買いました。

可愛く仕上げる自信がなかった。はちわれに色付けされて可愛かったので。

こちらは通常の食パン

初めて訪れるお店ではだいたいプレーンなものを一つは食べたいので、普通の食パンをチョイス。

大きさは少し小さめかな。短辺はスーパーで売っている食パンの三分の二くらいの長さです。切込みは自分でいれました。

カリっとした食感。普通に美味しい。バターとかで派手な感じではなく、塩分で誤魔化している感じではなく。小麦を感じる美味しさと表現したらいいでしょうか。

どちらかというと、惣菜パンの方が美味しさを感じられるかな。

総括

猫好きの方がパン屋さんを営んでいるので、猫グッズがちょくちょく置いてあります。地元民が安心して買い物ができるレベルの味。

おいしゅうございました。

にゃこぱんについてはネットからも注文できますので、気になる方は下の方にあるリンクからどうぞ。

ここで使われている硝子の猫の皿は↓こちらで販売しているものです。

1 件のコメント

  1. ピンバック: 海と硝子 函館の海と街を見ながら頂く、美しい飲み物たち | 実走北海道2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です