ポルトムインターナショナル北海道

2022/06/24更新

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd

今回は。。。

新千歳空港の中にあるインバウンド向け高級ホテル、ポルトムインターナショナル北海道に泊まってきました。

じゃらん宿泊予約サイト:ポルトムインターナショナル北海道

楽天トラベルの宿泊予約サイト:ポルトムインターナショナル北海道

目次

  1. 各種情報
  2. 部屋
  3. 食事
  4. 温泉
  5. 総括

3点でまとめると

  • 新千歳空港内にあるインバウンド向け高級ホテル
  • サウナ付き温泉大浴場もある
  • レストランやバーも高級感のかたまり

こんな人におすすめ

フロント

エレベーター降りてすぐ左を向いた時に見える光景。なんぼど広いねん。。。

写真左側にはアイヌの長が描かれた絵が飾られています。

右手奥にフロント、右側にはレストランがあります。

各種情報

駐車場:一般はなし(空港駐車場利用。スイートルーム利用の方専用駐車場あり)

売店:あり。(セレクトショップがホテル内にある他、空港内ショップがたくさん)

特記事項:2名1室1食付の安い日で1人20,000円ほど。

設備:大浴場、バー、シガーバー、レストラン、トレーニングルーム、美術品閲覧室、ラウンジ。

ネット環境:無線LANあり・有線LAN無し

チェックイン時のウェルカムドリンク

標準チェックイン・チェックアウト:15時イン・11時アウト

訪問日:2022年4月

飾り?

空間を贅沢に使った飾り。なにがコンセプトか貧乏人には分かりませんが綺麗です。

こちらはエレベーター前の美術品。

北海道で咲いている花がガラスで作られています。

部屋

ポルトムインターナショナル北海道にはスイート、ジュニアスイート、スーペリアの部屋がありますが、今回の宿泊は一番安いスーペリアです。

なお、スイートルームの中でも一番高いお部屋は一泊約三十万円とのこと。。。

ソファとテーブル
ベッド

間接照明が綺麗。スランバーランドのベッドもふかふか。

窓からの景色

国際線滑走路なのでコロナ禍では何も飛びません。

この記事がアップされる頃には少しだけ飛んでいるかな〜。

ミニバー1
ミニバー2

冷蔵庫が空では無いのが新鮮ですね。この写真の中では水だけは無料です。

こちらは飲料のアメニティ

ネスプレッソで使えるカプセルが6つ入っています。紅茶もあり。

別の引き出しには緑茶のティーバッグも入ってます。

カフェインレスコーヒーが欲しい場合はフロントで受け取ることもできます。もちろん無料。

洗面台。

洗面台の右側にはシャンプーやハンドソープが置かれていますが、全て北海道の化粧品メーカーであるナチュラルアイランドとのコラボとなっています。

引き出しにはリュミエーナのレプロナイザーヘアドライヤーという高級ドライヤーが。

アメニティ

歯ブラシやヘアブラシ、ボディタオルなど。ひとつひとつ箱入り。

大浴場セット

洗面台にもバスタオルは置いてありますが、それとは別に大浴場に行くための袋とタオルがセットされてます。

ちなみに部屋にあるタオル類は今治タオルで統一されていました。

タオルは持ち帰り厳禁だけど、不織布のバッグは持ち帰りオッケー。

部屋着とパジャマとガルニエ・ティエボーのバスローブも完備。好きな格好でくつろぎましょう。

情報端末

こちらの情報端末では気温や天気を見ることができる他、各国の雑誌や新聞を読むことができます。日本は毎日新聞だったかなぁ。

照明を変えるのもこちらの端末で可能。

スイッチ

これが謎でした。左上はまぁ「電源」とわかるとして他は押して確かめる感じです。真ん中の2つはなんとなくわかったのですが、右の2つは押すまでわかりませんでした。

答えは現地で確かめてくださいね。

マカロン 写真は二人前

泊まったら必ず頼んで欲しいのがこれ。宿泊者専用マカロンです。

フロントで頼んでから焼いて持ってきてくれるのですが、1,000円で7個入り。

値段は安いのにクオリティは一流洋菓子店のそれです。本気でおすすめします。

食事

このホテルにはフランスでも日本でもミシュランの星を持っている吉野建氏がブランディングしたフランス料理店、タテルヨシノが入っています。

他にも食事ができる店がありますが、メインは北海道初上陸のこのレストランでしょう。

今回は仕事終わりに宿泊したので朝食のみのプランですが、ランチ、ディナーの評価がとても高いレストランです。

こんなホテルのレストランなので思わずドレスコードを確認してしまいましたが、スマートカジュアルとのこと。

パジャマや部屋着はNGですがジーンズにカジュアルシャツでもOKでしたので、よほど変な格好でない限り大丈夫そうです。

入口とワインセラー

ワインを飲まないのでわからないのですが、かなりお高いワインもあるらしいです。100万を超えるワインもあるらしいのですが、ここに並んでいるかは不明。

店内
朝食メニュー

卵料理がメイン。

お店の作り的に朝食はハーフビュッフェを考えていたのでは?と思われますが、訪問時はセットメニューでした。

朝食

スープやサラダが先に出されたのでミニコースの様でしたが、写真を撮りたいので手をつけずに揃うのを待ちました。

メインに選んだのはオムレツです。

名物はウフアンムーレットですが、朝から濃いよなぁと^^;

デザート

ドリンクとパンはおかわりできます。

最高の朝食を味わえるレストランでした。

温泉

空港にあるにもかかわらず、ちゃんと温泉大浴場です。

大浴場の洗面台
湯船
サウナと水風呂

宿泊中、ほぼ人に会わなかった温泉^^;

空港内にある特性上、窓がなかったり露天風呂がないのは仕方ないですね。

総括

バーはどんな雰囲気かなぁ?と覗きに行ったらお客さまがいなかったので、飲まないにもかかわらず案内してくれました。

せっかくなのでご紹介。

入口
和テイストでまとめられた高級感のあるバーの店内
バーカウンター
こちらはバーの奥にあるシガーバー
葉巻

葉巻を購入して燻らせることもできます。お酒も葉巻に合うものをセレクトして置いてあるんだそうで。

意外と甘めのお酒が合うんだとか。

こちらはゲストサロン

アンティークというより大正モダンかな

美術品に囲まれながらゆったりとくつろげるスペース。

ショップと下鴨茶寮

エレベーター降りて右側

フロントとは反対方向にあるショップと下鴨茶寮。

関西人だと割と馴染みのお店だと思いますが、下鴨茶寮がここにあるとはね。外国人にウケが良い店舗ということでしょうか。京都だし。

茶室

清風庵

ショップの向かいにある茶室。

お茶をたてる体験ができます。インバウンド向けやねぇ。

フィットネスルーム

最新機器が揃うジムもあります。

インバウンド向け高級ホテルなだけあってホスピタリティは道内最高クラスのホテルです。

庶民にはちょっとお高いので特別な機会(今回は道民割とちとせ割併用で格安)がないと行きにくいですが、金額以上の満足感が得られるホテルですね。

住んでいる場所が近くなのに通常の料金でも泊まろうと思える体験が出来ました。

じゃらん宿泊予約サイト:ポルトムインターナショナル北海道

楽天トラベルの宿泊予約サイト:ポルトムインターナショナル北海道

参考リンク:https://www.portom.jp/jp/

千歳市内ならここもおすすめ:https://jissohokkaido.com/2022/05/04/7135/