くまのしっぽ

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

札幌市の西側、発寒にあるお菓子屋さん「くまのしっぽ」に行ってきました。

目次

  1. 各種情報
  2. 外観・店内
  3. メニュー
  4. 食べ物
  5. 総括

3点でまとめると

  • 発寒にあるお菓子屋さん
  • 夫婦で切り盛りしている小さなお店
  • 外観もされることながら、商品も絵本のよう

各種情報

駐車場:あり

トイレ:なし

売店:あり

特記事項:定休日は火曜日。営業時間は9時~18時です。

特記事項:2019年7月オープン

外観・店内

入り口

メルヘン漂う入り口。

持ち家を改装したのかなぁと思ったら借家だそうで。そして大家さんもノリノリだったらしいです。

入り口のうえ

入り口の上にある二階の壁もこんな感じ。緑の森を模した壁にくまさんやハートの形をしたあクッキーやチョコレートなどが刺さっています。

Twitterで事前情報を仕入れてから行ったのですが、聞きしに勝るメルヘンさで入るのに躊躇するレベルです。

おっさん一人で何屋さんかわからない外観への突入は無理ですね(^^;

店内全体

コンセプトは絵本の世界にあるくまさんのお菓子屋さんだそうです。

なのでそこら辺すべてが可愛いものにあふれています。

メニュー

焼き菓子専門店なので特にメニューといったものはありません。

かわりに店内写真をどうぞ。

くまくまくま

売られている商品を一つ一つを選んで買うというよりは、ギフトに特化したお菓子屋さんという印象で、

紅茶クッキー+抹茶サブレクッキー+さつまいもクッキー+フルーツパウンドの4点セットで700円。

くろくまマドレーヌ+しろくまマドレーヌ+チョコレートパウンド+さつまいもクッキー+3色マシュマロ+チョコチップクッキーがセットになった「白くまからのプレゼント」が2000円。

といった具合です。

絵本ギフト

絵本のようなパッケージに入ったお菓子のセットもあります。

4個入ったSサイズが1500円(箱だけだと300円)

9個入ったMサイズが2000円(箱だけで400円)

13個入りのLサイズは3000円(箱だけでの購入は500円)

このイラストは店員さんを兼ねている奥さんが書いていて、中身のお菓子は旦那さんがせっせと作っています。

絵本ギフトと言うだけあって中を開くと左側に物語が書かれているそうですが、その物語を書いているのも旦那だそうです。お互いの長所を活かした素晴らしい共同作業ですね。

写真の絵本のタイトルは「冬の贈り物」ですが他にも「happywedding」や「おつかれさまです」「お世話になりました」などなど、シーンに合わせて絵本のタイトルを選ぶことができます。

チーズケーキ

こちらは一番人気のチーズケーキ。

試食があるので食べさせてもらいましたが、コクはありつつあっさり型で気が付くとたくさん食べてしまうタイプです。

食べ物

焼き菓子と名刺

初めてのお菓子屋さんだし、だれかにギフトを送るあてもの無いので個包装のお菓子を味見代わりに買って来ました。

焼き菓子は全体的にチーズケーキと同様にあっさりした味が特徴ですね。それだけに老若男女問わず食べることができる、嫌いな人はなかなかいない味。

たしかにギフトには持って来いです。

美味しい。

総括

男性だけでは入りづらい入り口ですが、ギフトショップとして買いに来ている人がそこそこいるようです。

味自体は濃い味で感動させる美味しさではなく、誰もが安心して食べることができる美味しさなのでギフトとしては良いと思います。

絵本のくまさんが可愛いのでぜひ見に行ってみてください。

次はシフォンケーキかマフィンを食べたいなぁ。

参考リンク:https://www.facebook.com/kumano.shippo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です