東明公園の紅葉

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

美唄市にある総合公園、東明公園で紅葉狩りをしてきました。

目次

  1. 各種情報
  2. 入り口
  3. 案内板等
  4. こんなところ
  5. 総括

各種情報

駐車場:無料駐車場あり

トイレ:あり

売店:なし

特記事項:開園期間は5月上旬~10月下旬。桜の時期から紅葉が終わるまでですね。

訪問日:2019年10月23日 15時頃

入り口

入り口がとても分かりづらかった。

ナビやグーグルマップで行くと工場地帯をぐねぐね案内されます。国道12号線からだと道道135号線に入り、美唄インターを通り抜けて左手に洗われる白地に黒文字の「東明寺」という立て看板を左折するのが一番わかりやすいかと。

案内標識も少しはあるので見逃さないように行きましょう。

案内板等

撮ってません。そもそもあったのかさえ謎。

こんなところ

東明公園にある池の紅葉

池の対岸の木々が映り込んで綺麗です。

カリヨンの塔近くにあったの紅葉。

何だかInstagramやTwitterでよく見かける派手派手しく修正した写真みたいになってますけど、修正なしの赤色です。右の後ろにある塔はカリヨンの塔という展望台。

カリヨンの塔から

カリヨンの塔を最上段まで登ったら見える景色。周辺が一番の見どころですね。

カリヨンの塔横のモミジの森

紅葉だらけの森もありました。写真で見るより是非行ってみてほしいくらいの密集度。たくさんありすぎてこんな写真しか撮れませんでした。

展望台への道

東明公園から奥に行くと「ふるさとの丘展望台」があり、そこに至る道も黄葉が楽しめます。多少葉が落ちてきていて、道路もこんな感じに。

ふるさとの丘展望台より

ちょっと逆光気味なので暗いですが、美唄の街並みと増毛山地(樺戸山地)が見渡せる景色の良い展望台です。

総括

日帰り温泉のついでに寄ってみただけでしたけど、なかなかどうして素晴らしい紅葉と景色に出会えました。

こういういい形で予想を裏切られると幸せな気持ちになれますね。美唄市民には当たり前だったのかもしれませんが。

美唄市のホームページによると桜とツツジが綺麗な場所のようです。紅葉だけではなくそちらも行ってみたいですね。

なお、このあたりは人の動きが少ないだけあってGooglemapの役立たずぶりが際立つ場所です。工場内で関係者以外進入禁止の道もきっちり乗っていたり、目の前の道が無かったりもします。必ず案内板等を見ながら進みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です