MAIKO’S BAKE(マイコズベイク)

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

白老駅の前にあるMAIKO’S BAKEに行ってきました。

目次

  1. 各種情報
  2. 外観・店内
  3. メニュー
  4. 食べ物
  5. 総括

各種情報

駐車場:あり(店の前に数台)

トイレ:なし

売店:テイクアウト専門店(イートインスペースあり)

特記事項:水曜日が定休日。営業時間は10~18時。

訪問日:2019年9月22日など多数。

外観・店内

お店正面

赤と白を基調としたオシャレな外観。

行くたびに、まいこのマドレーヌで稼いだお金をいち早く投資して白老駅前を押さえたのはさすがですよね、という見た目とは全然関係ない感想を抱きます。

まいこのマドレーヌはこの辺りの銘菓になっているマドレーヌ。胆振地方の人しか知らないだろうけど、美味しいので人気です。

メニュー

タルトとキッシュ

ドリンクやソフトクリームのメニューも撮ったはずなんだけど、見当たらないのでタルトやキッシュの現物を。

白老のたまごと道産クリームを使ったエッグタルトが一押しだと思いますが、同じように地元の味を詰め込んだキッシュなんかも販売しています。

食べ物

キッシュ

左は白老産のタラコが中に入っている海老とほうれん草のキッシュ。タラコの塩味と海老の甘味がマッチしていて美味しいですね。

右は白老牛とドライトマトとインカのめざめ。胆振地方を代表する和牛である白老牛をドライトマトと合わせ、真ん中に甘いじゃがいもの代表選手であるインカのめざめをどーんと載せたキッシュ。

どちらも美味しかったですが、どちらかを選ぶなら白老牛などの方かな。牛とトマトが美味しい。

他にも季節限定キッシュもあるようですが、未食です。

ソフトクリームのハスカップソースとブルーベリーソース

ソフトクリームは岩瀬牧場のものを使っています。胆振地方のものは無かったのでしょうかね。ソフトクリーム自体が美味しいのですが、50円プラスするとフルーツソースがかかったサンデーになるので、そちらの方がおすすめです。

フルーツソースはブルーベリーとハスカップが選べますが、そちらは長沼町の農家さんが栽培したもの。ハスカップの微妙な苦みが甘いソフトクリームに合いますね。もちろんブルーベリーの方も美味しいです。

総括

国立博物館ができたら混みそうなお店ですね。タルトもキッシュも美味しいです。行ったのが消費税増税前なので、今でも税込価格なのかどうかは分かりませんが。

参考までに書いておくと、消費税増税前の価格はサンデーが税込400円、キッシュやタルトが税込320円くらいでした。

参考リンク:http://maikos-bake.com/

1 件のコメント

  1. ピンバック: マザーズプラス マザーズの新しいスイーツ販売所 | 実走北海道2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です