大湯沼

ニセコパノラマライン沿いにある観光地、大湯沼に行ってきました。登別温泉にある同名の沼の方が有名ですが、ニセコにもあるのです。

駐車場:あり

トイレ:なし(100mほど移動するとトイレが付いたパーキングあり)

売店:なし

特記事項:冬は雪に埋もれて、周回する遊歩道に入れません。

訪問日:2017年10月15日15時半頃など多数。

雪解けの季節。こんな看板いつからあったっけ。

簡単に言うと温泉がぐつぐつ噴き出している沼です。湯温が高くてそのまま触るとやけどする温度なので入ることはできません。あちこちで硫黄ガスが噴き出しているので危ないですしね。

奥の方に行けば足湯コーナーもありますが、あまり利用されていないので今後が気になります。。。

錦秋。

秋は周りが色づくので沼の表面と言い彩り豊かな印象。だいたい10月上旬くらいには紅葉が始まります。

湖面

黄色い硫黄が浮いている湖面からは、湯温がたかいためにたくさんの湯気が上がっています。硫黄の匂いがきつくて一周散策すると服に匂いが着くくらいです。

ここと同じ原泉なのが隣にある交流促進センター雪秩父。硫黄泉としては最高レベルのお湯の良さなので、そちらもおすすめです。

ちょっとした情報その1:雪秩父の女湯にはここから出てくる「泥」を使って泥パックできる湯舟が用意されています。女湯にしかないけど。。。

参考リンク:https://rankoshi-tourism.com/spot/spot03-04/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です