サンピアザ水族館

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

新札幌の駅前にある水族館、サンピアザ水族館に行ってきました。

目次

  1. 各種情報
  2. 入り口
  3. 案内板等
  4. こんなところ
  5. 総括

3点でまとめると

  • 新札幌駅直結の水族館
  • 規模は小さい
  • 鮭の展示が多い・・・気がします・・・はい

各種情報

駐車場:あり

→サンピアザやアピアなど新札幌駅直結ビルの駐車場と共用です。施設利用者は2時間まで無料なので受付で駐車券を渡すのを忘れずに。

トイレ:あり

売店:あり

特記事項:年中無休。4月~9月は10時~18時最終入館、10月~3月は10時~17時半最終入館。大人1000円。子供400円。

特記事項2:公式ページに入場料金10%割引券があるので印刷して持っていきましょう。また、JAFの会員証でも1グループ10%offになります。

入場券とパンフ

特記事項3:所要時間は普通に見て回るだけなら30分くらいかと。ショーとか見るための時間待ち含めても1時間半くらい。

訪問日:2020年2月13時頃

入り口

入り口とチケットカウンター

こちらでチケットを購入して入ります。

案内板等

撮ってません。あったかどうかも不明です。

こんなところ

入ってすぐ

こぢんまりとした水族館で小さめの水槽がたくさん並んでいます。

マンタ

こちらは一番大きな水槽。暖かい海の魚が泳いでいる回遊水槽。

マンタやらサメやらが悠々動いています。のんびりな感じ。

この回遊水槽は日曜日と祝日に餌付けショーも行われます。11時~16時の毎時00分開催。中止の時もあるので公式ページを確認してください。

ニシキアナゴ

チンアナゴの方が有名ですが、ニシキアナゴの方が写真映えするのでこちらを。白黒よりオレンジ入ったほうが鮮やかだし(^^;

アザラシ

2階に上がるとゴマフアザラシも泳いでいます。

ちょっと水槽が狭い気がしますが、行ったり来たりして運動中でした。気が向くと止まってこっちに愛想を振りまいてくれますよ。

ぺんぺん

ペンギンの水槽は2019年8月にリニューアルしたそうです。

ケープペンギンがよちよち歩いて可愛い。

エンゼルフィッシュ

バレンタイン付近ということで、バレンタインから連想されるお魚が展示されていました。

見てて思ったけど、見た目の割に気が強いのかケンカばかりしていてとてもじゃないがエンジェル感ないですね。

他には季節的なものなのか、鮭の稚魚があちこちに。こんなのがあんなに大きくなるのかぁと思います。

イトウ・カワウソ・ハコフグ・タカアシガニ・クラゲなんかの展示もありました。

毎日10時半から2時間おきに16時半まで魚のショーも行われます。といっても、正直言って大したことは無いのですが、電気ウナギがバリバリと電圧をあげてくれるのを見て楽しみましょう。

総括

駐車場は2時間無料ですが、正直1時間もあれば十分ゆっくりと見て回ることができる水族館です。

施設自体は古くなっていますが、駅直結で便利ですしほどほど空いていますので、時間があれば寄ってのんびりお魚を見るのも良いかもしれません。

全体的に水槽の位置が低いので小さなお子さんが見やすそうだったのも印象に残りました。

そうそう、売店には「撮影水槽」と書かれた水槽があって、クマノミとカクレクマノミが泳いでいました。

撮影水槽

日付が入っているのでこの前で記念写真をとるから「撮影水槽」なんだろうと思ったいたのですが、良く見ると。

撮影水槽裏側

後ろにお立ち台がありました。

ここに人が立って、表から写すと南の国の海の中のように写真を撮ることができるということらしいです。

実際にやってみると、水槽に反射して撮影者本人も写るというおまけ付き(^^;

来館記念にぜひどうぞ。

↑水族館を撮影してるとガラスに反射して上手く写せないなぁと思っていたのですが、レンズに被せる柔らかいフードがあるんですね。知らんかった。

参考リンク:http://www.sunpiazza-aquarium.com/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です