Ruhiel(ルヒエル)

北海道観光マスターの資格を持つ管理人が、実際に現地を訪れてレポートする当ブログ「実走北海道2nd」 今回は。。。

ニセコエリア(俱知安町)にあるジェラート屋さん、ルヒエルに行ってきました。

  1. 各種情報
  2. 外観・店内
  3. メニュー
  4. 食べ物
  5. 総括

各種情報

駐車場:あり

トイレ:なし

売店:テイクアウト専門店

特記事項:営業時間は9時~18時。不定休なので平日に行く方は事前にホームページで確認してください。

訪問日:2019年5月27日 他多数。

外観・店内

ジェラートのオブジェと羊蹄山

ニセコの山裾にある道道343号線にあるジェラートのお店。道路沿いのカーブにジェラートのオブジェがあるのが目印。カーブにあるのでお店が見つけづらいのが難点。ニセコから来ると左手側にあります。

初めて行ったときは見逃しました。オブジェは分かったんですけど、ちゃんと情報を見ていなかったのでそこにお店がある思わなかったんだよなぁ。オブジェはオリンピックの聖火に見えたし。

外観

左上の窓が補修中ですね。

玄関から入って左手側にすぐ注文カウンターがあります。ジェラートの種類は10種類くらいかな。コーンとカップを選べます。

店内には食べる場所が無いので、店の外側にある大きなベンチとテーブルで相席しながら食べるか、車の中で食べたりします。

メニュー

どこかに写真がありそうですけど、割愛。

ミルクとチョコレートは毎回ありますが、果物は季節ごとに変わります。目撃した中で覚えているのは、パイナップル、リンゴ、ブドウ、キウイ、イチゴ、モカ、ナッツ、梨、柿・・・こんなところかな。

食べ物

ミルクとコーヒー

牛乳やコーヒーを使ったジェラートも美味しいですが、まずは何でもいいので果物系のジェラートを頼みましょう。トリプルは無いのでダブルがおすすめ。

果物以上に果物を食べてる感じがする、シャーベットでもないジェラートを超えた何かを食べた感じがします。美味い。

色々な場所で食べていますが、個人的には「道内で一番果物の味を楽しめるジェラート屋」と思っています。

総括

この時は平日の夕方だったので駐車場には誰もいないのですが、土日は冬でもそこそこ混んでいたりします。客がはけるのは早いので、繁忙期の土日でも長い時間列に並ぶという経験はありません。

旬の果物を使った季節限定フレーバーも多いので、季節を変えて複数回くるのもおすすめです。私も結構行っているのですが、雪解けの頃とかニセコに用事がない時期のは食べたことがない。いつになったらストロベリーフレーバーを食べることができるのやら。

参考リンク:http://www.ruhiel.jp/

↑定休日もここに書いてありますので、特に平日に伺う方は確認したほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です